ピアノで弾きにくい同音連打を弾きやすくする3つのコツを知っておこう!

ピアノでの同音連打、弾きにくくて音がかすれたりしませんか?ちゃんと弾こう!
と頑張れば頑張るほど、ドツボにはまったかのように弾けなくなります。

ビゼー「子供の遊び」から”ラッパと太鼓”
ビゼー「子供の遊び」から”ラッパと太鼓”

今日は、そんな同音連打を、どうやったら弾きやすくなるのか?というコツについてお話ししますよ。

ピアノで同音連打が弾きにくい理由

ビゼー「子供の遊び」から”ラッパと太鼓”
ビゼー「子供の遊び」”ラッパと太鼓”から

「この同音の連打がうまく弾けないんです!音がちゃんと鳴らないんです!」というお悩み・訴えを頂きました。
同音連打は、「弾こう!」ちゃんと弾こうとすればするほど、音が鳴らなくなります。
それはどうしてなのでしょう?

「弾く」=「音を出す」=「動作は下へ」という思い込みが、無意識のうちにあるのでしょう。
まずはこの思い込みを、取っ払いましょう。

「下に(下まで)ちゃんと弾かないから、音が鳴らない」と思っているので、とにかく、頑張って「下へ」という動作に固執しています。
この「下へ」固執していると、音がかすれたり鳴らなかったりします。
では何故音が鳴らないのか?

同音連打の打鍵での動作を「下へ」に固執していると、鍵盤が上がりきる前に「次を打鍵」してしまうからです。
打鍵(発音)と鍵盤が上がってくるタイミングが合わないから、音がかすれたり鳴らなかったりするの。

ピアノで音が鳴るポイントとは?

発音するのは、鍵盤が底まで着地したからではありません。
ピアノでは「音が鳴るポイント」があります。音が鳴るポイントまで鍵盤を(指を)落とせばいいのです。
鍵盤の底まで指が落ちなくても、音は鳴ります。

鍵盤が「音が鳴るポイント」まで落ちるよう、鍵盤に触れる時のスピードを加減して上げれば良いのです。
(こうやって書くと、難しそうな気がしてきたのですが、あまりに「鍵盤」や「底まで弾く」事に縛られていたので、敢えてこうお話ししました。)

あのね、ドラム・小太鼓の叩き方を見た事あるかしら?
吹奏楽でパーカッションの人達がよく練習してるんだけど、バチを持って、片手ずつ、落としたら上げていくの。

バチを一回落としたら上げて行く時に、つまり動作は一つなのだけど音が連打されるんだよね。
あれは、一度落としたら腕を上げながら(抜きながら)弾みを使って鳴らせてるんじゃない?
(違ってたらごめんなさい)

でもね、ピアノの連打も同じ事なの。
1音目で手(指)を打鍵(落とす)したら、すぐに腕の動作は「上げて行く」方へシフトチェンジ。腕を上げながら、残る音を弾いていく。
「弾いていく」と言うよりは、鍵盤の表面に触れていくような感覚です。

腕を抜いていく。上げていくの。

同音連打は上げていくといい

ビゼー「子供の遊び」”ラッパと太鼓”から
ビゼー「子供の遊び」”ラッパと太鼓”から

こんな同音連打。ト音記号の(右手の)段に書かれていますが、

「左手で取ってもいいよ」という、小さな印がありますよ。

そうしたら生徒さん、「左手だと弾きにくいから」と言いました。でもすぐにチャレンジ!偉い!すると?

「あれ?左手でも弾ける!弾きやすい!」と。

彼女が左手に替えて弾く前に伝えた事とは、同音連打は、落とさないで上げて行くという事。
こんな風にね、と弾いて見せました。

「わーもう!逆ですね!どうしても一生懸命弾こう!落とそう!としていました。」

ふふふ。鍵盤に、執着しない。
これがコツですよ。

今日のピアノ動画*ビゼー「子供の遊び」から”ラッパと太鼓”

ティブレイクです。今日は連弾で、ビゼーさまの「子供の遊び」から”ラッパと太鼓”を。
高音側のプリモを大人の生徒さんが担当。
低音側のセコンドはわたくしです。

これはピアノ発表会向けのレッスンでの録画でした。

ピアノで弾きにくい同音連打を弾きやすくする3つのコツまとめ

  • 同音連打が弾きにくい理由を理解しておこう!
  • 打鍵で音が鳴るポイントを知っておこう!
  • 打鍵の動作は落としたらすぐ上げていこう!

ピアノで弾きにくい同音連打を弾きやすくするコツは、鍵盤に固執しないこと。
打鍵の動作を上げていくことです。
とにかく、打鍵の動作は「下へ」、しっかり打鍵する!という思い込みを捨てるところから。

同音連打は鍵盤への執着を取り払おう!

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,069人の購読者に加わりましょう