ピアノは付点の伸びを味わうと呼吸と音楽がタイミング良く流れていく!

ピアノは右手も左手も使うし、ペダルを入れるとなると足も使いますよね。

右手と左手は同じ動きなんてめったにないし、スラーの付き方などのアーティキュレーションも違うのも、よくあること。するともう「わたし(あなた)」の頭はパニックになってしまうのです(笑)。

エステン「人形の夢と目覚め」から

右手と左手で動きが違うと大変なのだけれど、大変大変!って言ってるだけじゃどうにもなりませんよね。

それぞれの動きがどうなるのか、きっちり頭の中で整理しておきましょう。

理解出来ていないことは、実現する(演奏に表す)事は難しいんですよね。じゃあ実際にどうやるのか?例をあげて説明しますよ。

ピアノでの右手と左手の動きとタイミングを見てみよう

エステン「人形の夢と目覚め」から

画像の例では、右手は一つの歌が終わり、休符をはさんで次の歌へ入っています。

そのため右手の動きは、スラーの終わり(ドー)から4分休符では手を上げる。一度手を上げてから、次のフレーズへ「入り直す」。歌なら絶対にブレス(呼吸)するところですよ。ここで呼吸をしないと、次のフレーズを歌い切るのは難しいもの。

だけどね、右手の「ブレス」をするところは、左手の歌の終わりになっていますよ。左手は終わりの音ですが、まだ終わってないんです。右手と左手は別の人なのよ。別の人の歌・別の人の会話だと思ってみましょう。弾くのはあなた一人だけどね。

  • あなたの右手は、あなた
  • あなたの左手は、お友達

二人で、おしゃべりしているの。同時にしゃべりだして同時にしゃべり終わるんじゃ、会話にならないでしょ。あなたの話が終わったところで、お友達が「あ~ぁ!」と相槌をうってるような、そんな感じですよ。

右手と左手は、別の人、お友達との会話だよ~!ちゃんと呼吸をして楽しもうね♪

付点の伸びを十分に感じるのがピアノのタイミングのコツ

これは、「ミミミミファファ#ソーーーファミレド」では、ありません。ん?何だって?どういうこと?って思いました?

書かれている音は間違いじゃありませんよね。でもね、音の動きをこの「ミミミミファファ#ソーーーファミレド」だと思ってしまうとね、「ミ→ファ→ファ#→ソ」というように半音ずつ上がってきたものが台無しですよ。

「ソーー」ではなくてね、ただ音が伸びている(伸ばしている)のではなく、こんな風に感じてみてね!↓

「ソ」という、エネルギーが増殖していく感覚を持ってみるの。音の存在(響き)が広がるような、上がっていくような、そんな何かを感じられたら素敵ですよ。

ちなみに「ミミ」「ミミ」「ファファ#」「ソーー」ではなく「ミミミ」「ミファファ#ソーーー」ととらえる(グルーピングする)と、推進力が生まれて面白いですよ。

今日のピアノ動画*イベール「物語」から”小さな白いロバ”

ティブレイクは、フランスの作曲家、イベール様の「物語」から第2曲”小さな白いロバ”をお送りします。

小さな白いロバさん、どこへ行くんだろう?(笑)

そんな事を考えながら、風景を想像しながら弾くのはいつも楽しいことです。

タイミングを考えたり付点を味わうと、ピアノの呼吸も流れていくのまとめ

  • 右手と左手の動きを見直してみよう
  • 音と手の動きと歌と呼吸の関係をもう一度考えてみよう
  • 付点はその伸びの分の響きを味わうと、うんと流れが良くなるよ!

とらえ方・意識の持ち方次第で、音はどんな風にでも動きを持って行きますよ!

そう思えたら、ワクワクしますね。あなたはどうとらえますか?どう感じてみますか?

あなたの音楽を作るのは、あなたですよ。エンジョイ!あなたのピアノ・ライフを!

心と体をラクにする東京ピアノレッスン

オンライン/動画レッスンのご案内

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,065人の購読者に加わりましょう