● 「でも」と「だって」は、いらない

o0550041213450278524

 

無意識のうちに いっぱい口にしていそうな、「でも」「だって」

この「でも」と「だって」ほど、いらない・虚しい言葉はない。

 

何故なら、自分が約束したこと、あるいは「やる」と言ったことが「出来なかった(やらなかった)言い訳」を述べるための「切り口」だからだ。

 

「でも」と「だって」という言葉を聞いた瞬間、「二の句」はいらない、と思う。

何を言われたって、言い訳をどれほど聞いたところで、事は覆らないのだから。

 

私は「でも」と「だって」を、使いたくない、と思っている。

もし、私がその言葉を使っていたら、嘲笑って下さいまし。

Please follow and like us:
無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!