大事な存在や、守りたいものは、いろいろあるだろう。そういう存在や何かに目をかけていると、忘れてしまいそうな事がある。
自分自身の事を。「わたし」が辛くなってしまったら、「わたし」が我慢を重ねていたら、全てはうまくいくのかしら?

そうではないと、思いませんか?

自分を大事にする!と決める!

本当は、自分が大事です。親子などの無償の愛はちょっと置いておいてね。自分を大事にしてあげられるから、他人をも大事にしてあげられるのだと思います。

他人を大事にしていて、無意識のうちにしんどくなってしまいませんか?それは、他人に気を遣っている程には、自分を構って大事にしてあげられていない時だと思うの。

そういう状況を作ってしまったのは自分です。(他人に言われたのがきっかけだとしても、それを決めたのは自分です。)

自分の事を本当に大事にしてあげられるから、他人も気持ち良く大事に接してあげられるのだと思いませんか?(つまり、自分の中に余裕が生まれるから、ということです。)

だから、まずは「自分を大事にする!」と決めよう!

本当の自分でいる方法

「本当の自分で居る」と言うのも、おかしな話かもしれません。だって「わたしは私」ですもの。「わたしは私」のはずですよね。「わたしは私」を生きているはず。だって「わたしは私」だから・・・って堂々巡りですね。

本当の自分で居る・本当の自分の気持ちに素直になって、本当の自分が望む生き方をしているはずなのに、なぜか行き詰まってしまったり、生きづらくなったりするのを感じたことは、ありませんか?

自分の心の声に耳を傾けてきたはずなのに・・・と、思うかもしれません。自分の心の声に耳を傾けて、その声に従うように・直感を信じて進んできたと思っていたのに「なぜこんなに生きづらくなったの?なぜ、行き詰まってしまったの?」そう思ったことが何度もあります。

その理由と思えるメッセージが飛び込んできました。それは「妥協しない」と言うこと。

それまで私は「妥協しない」と言うことについて、「厳しくする」ようなイメージを持っていました。目標に向かって、一直線!今日も明日も、一直線!とにかく一直線!と言うイメージです。

でも、それは「行動」の一直線で、「ねばならない」と言う「思い込み」です。「妥協しない」と言うのは、自分の中から生み出したアイディアやひらめきから創造したものに対してです。

これに気づいた時に、愕然としました。あぁ、そうだ。私は「行動し続ける」と言う点にだけ、こだわっていたのです。行動しないことは「悪だ」とさえ、思っていたようです。

そうではなくて「自分の思い・考え・創造」を大事にすることが、自分を守る「本当の自分で居る方法」なのだと気付きました。なぜ、自分を生きるのに、自分の思いに妥協するんだろう?と考えると、全くおかしな話です。

もうちょっと、自分の心の声に耳を傾けよう、いつもいつも。自分の心の声に対して、「いやいや、ま、いいでしょ」は、なしでいきましょう。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク