見えないところを綺麗にすると見えるところが光りだす?やると決めたことを忘れてしまうのはどうしてなんだろう?

見えないところを綺麗にする?

「見えないところを綺麗にすると見えるところが光りだす」

とは、松下幸之助氏の言葉だが、まことにその通りだと思う。

音楽でもスポーツでも、またビジネスでも、他人が気づかないようなところを物凄く丁寧に時間をかけて築きあげる。すると、他の部分も合わせて全体が輝いてくるんだ。

逆に言うと、小さな一つの事にこだわりを持って根気よく立ち向かえなければ、上っ面だけの虚像にしかならないということ。

「見えないところを綺麗にすると見えるところが光りだす」、肝に銘じたいですね。

 

やると決めたことを、どうして忘れてしまうのだろう?

毎年、8月ごろから翌年の事を考えるようになる。その時に持っているアイディアを翌年に生かすためにすることは?と考え、そしてそれを実行に移すためにどうしたらいいか考える。そして「過去を振り返る」。そういえば去年はどうだったっけ?あれ?一昨年は?と。

仕事は似たようなことを繰り返していく。それが発展していって形を変える事もある(が、同じ事もある)。繰り返したり応用しているということは、積み重ねているはずなのだ。

それなのに、今までの事を正しく理解していなければ経験は無駄になる。意味がない。そして思い出す。年初に掲げた「抱負」を。この時期になると、今年の自分の抱負のことを、すっかり忘れているのです。

一年の抱負は文章にする。ところがこの文章にした抱負は、振り返って見られること(復唱すること)は、滅多にない。「稀」と言っていい。

文章にした抱負を忘れてしまうなら、手帳の最初のページに大きく書いたらいい。そしたら、毎朝手帳を開いた時に必ず目に入る。復唱したらいい。文章が視覚的に流されてしまうなら、あなたにとってより良い「イメージ」を使えばいいんだ。

私は文章より映像の方が自分の中に残りやすい。だから、自分の「抱負」「目標」に重ね合わせやすい「イメージ」(写真や絵など)をいっぱい手帳に貼付けたらいいんじゃない?と、昨夜寝る前に思いついてワクワクしてきた。早くそのイメージをいっぱい貼りたい。

そんな手帳がいつも手元にあったら、毎日毎時、ワクワクしどおしだ、きっと。私はワクワクするのが大好きだ!
いや、きっとあなたもワクワクするのは嬉しいことじゃありませんか?

ピアノを弾くのも同じ事。ストーリーも浮かぶが、同時に映像も出てくる。文章(ストーリー)と映像(イメージ)両方あったら最強だ!間違いない!

あなたは目標を達成させるために、毎日どうやってワクワクしていますか?どうやって、毎日あなたの目標を忘れずにいられますか?

見えない所・モノを見えるようにしたら、もっとワクワクする!

  • 見えない所に気を配る
  • 見えない所を綺麗にする
  • 頭の中で描いている事は、書き出す・イメージを視覚化しよう!

自分の事は自分が一番良くわかっている!と思いたいところですが、意外と自分の事ってわかっていなかったり簡単に忘れてしまうのです。自分の思考が見えなくなっても、誰も困らない。ただ自分が損したような、何か大事なものをなくしたような気になるだけ。ワクワ

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!