明けぬ夜はない、と言うけれどそれは事実じゃない。今は夜が明けてまた新しい1日が訪れるのが「当たり前」だと思っているだろう、無意識のうちに。でもそれはいつか、当たり前の事ではなくなる。

暑さと湿気からくる体の異変とそれに対処するお薬の効果から、1週間ほど寝ても寝ても足りず、1日中仕事時間以外は朝から晩まで・晩から朝まで眠りの中にいて、このまま起きられなくなるのでは?と一瞬思ったり。

あなたもそんな事はありませんか?不意に訪れる「今までと違う」状況。

今ある事を認めてみよう

今ある事・目の前にある事・当たり前にある事って、空気のようにそこにあって当たり前になっているから、「そこにある」という事を意識していません。

だけど、今そこにあるのは当たり前じゃないという現実も起こり得るのよね。そう思ったら、今ある事に対して無意識のうちに感謝の気持ちがフツフツと湧いてきます。それを感じる自分に少し驚き。

「今ある事」って「物体」だとは限りません。究極「今という時間を与えられている(過ごせる)事」です。「今」があるというのは、まさに「生きている証」なのですから。

昨日はちょっと足に痛みを感じたのですが、いつもなら「う〜わぁ、やだやだ!大変だ!」と嘆く一方。でも何故か昨日は痛んだ部位を手で包み、「気遣ってあげられなくてゴメンネ。いつもありがとうね」と語りかけたら、数時間後には痛みが引いていました。「病は気から」の典型ですね。

「今ある事」を認めると「感謝」の気持ちが湧いてきます。感謝しようと思ってするのではなく、これは自然な現象なのですね。

感謝出来れば喜びが湧いてくる

香港銅鑼湾の聖メリー教会

今ある事に対して感謝の気持ちが湧くと、何ということでしょう。その次には「喜び」の気持ちがフツフツと湧いてくるのです!

自分が喜びの感情に満たされ、喜びに包まれると何とも言えない充足感・幸せ感でいっぱいになります。まずは自分の目の前にある物事を認める。自分には目に見えないもの(時間や愛など)を含めて、実は色んな物が「ある」のだと認めることって、こんなに大事なコトなんだ・自分に必要な事なんだって気付かされます。

ピアノだってそうだよね。ピアノを弾きたい・ピアノで自分を表現したいと「思う気持ち」があること。そしてピアノと向き合う事を許してくれたり応援してくれる家族や友人がいること(許されない事情の人だってたくさんいるのですから)、そしてピアノを弾くことが出来る「体」を持っているのは、決して「当たり前」ではない。

ピアノと向き合っていく中で、様々な困難にぶつかります。その度落ち込むでしょうけれど、でもそれ以前にピアノに向き合う事が出来るのは「当たり前ではない」事を忘れてはいけない。ここが原点で、この気持ちを思い出せれば、不満という強欲な気持ちはなくなるだろう。

スポンサーリンク

喜びは、自信の源につながる!

散歩中の出会い。出会った二匹はハグとキスを繰り返した。

自分に「今ある事」を認めて喜びに包まれると、次に湧いてくるのが「自信」です。

根拠のない自信と言えばそれまでですが、確かに根拠はない。でも喜びに満たされた心と体からは、清々しい気持ち・まっすぐな「やる気」・誰にも邪魔されないような感覚がみなぎります。

「誰にも邪魔されない」という感覚は、自分をとりまく「オーラの層」が輝きを増して、外側へその輪郭を広げたような広がったような感じです。イメージ出来ますか?

人生時々「ドリームキラー」に出会う事がありますが、そんなドリームキラーが今現れても、全然動じないくらい気にならないだろう!というほどの「自信」が湧いてくるのです。これって「自分を生きる」「今を生きる」って事かなぁ?

こんな気持ちになれたら・こんな気持ちを感じたら、ぜひあなたが真っ直ぐに心を向けているものにためらわず向かってみましょ。それがあなたにとってピアノなら、この気持ちを持ってピアノに向かってみましょう。ピアノを弾く喜びが音に現れてきますよ。

今ある事を認められたら次元が変わる!

  • 今ある事をちゃんと認めてあげよう!
  • 認められたら感謝の気持ちが湧いてくる。感謝はしようと思ってするものじゃない。
  • 感謝の気持ちが湧いてくると、喜びに包まれる!
  • 喜びに包まれると自信が湧いてくる!
  • 自信が湧くと、次元が変わった事に気づく

とてもシンプルなことです。だけど空気のような存在は、すぐに忘れられがち。でも実は一番大事な物なんですよね。ただそれを認めるだけで、あなたがいる次元はふわっと移り変わりますよ。

今日もワクワクの1日を☆

最後にお知らせを。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク