私には無理!出来ない!って思って諦めてること、蓋をしていることはありませんか?

それなら今、あなた自身にこうつぶやいてみて下さい。「わたしに出来ないことなど、ない!」って。それを言った瞬間、あなたは何を感じたかしら?恐れ多くて体が震えた?それとも、不思議と力が湧いてきたかしら?

昨日は満月でした。お月さまのエネルギーって、どうやら凄いもののよう。お月さまの力を信じようが信じまいが、私たちはお月さまのエネルギーに随分と引っ張られたり影響を受けています。

私は満月や新月の前後はものすごく眠くなるし、満月の前後の食欲は底なし胃袋か?と自分でも毎回驚くほど。人間の体は70%が水分なのでしたっけ?だったら月の満ち欠けの影響を受けないほうがおかしいのかもしれません、よね。

お月さまの話はそれくらいにして、ちょっと「あなた自身」の声を聞いてみませんか?

あなたに出来ないことはない

本当に出来ないと思い込んでいるのは、あなた自身です。あなたの周りの人が「あなたには出来ないわ」「それは無理よ」と言うかもしれません。ドリームキラーは現れるかもしれません。でもそれは、あなたの中のもう一人のあなたの声です。あなた自身が言わせていること。

人には誰でも二面性があると思います。あなたの中には勢い良くアクセルを踏もうとするあなたと、手綱を引くようにブレーキをギュッと踏み込むあなたが存在しているの。どちらもあなた。アクセルを踏もうとしているのは、前へ進みたいあなた。だけど何かを選ぶ・決断する・今までと違う道を進むと言うのは、誰にとっても「不安・怖さ」はつきもの。

そんな「不安や怖さ」少しでもあると、誰かに止めてほしい、誰かに無理だと言ってほしいという無意識のあなたがドリームキラーを生み出します。

あなたは「わたしみは出来ないことはない」と信じることが出来る。だって、あなたには出来ないことはないのだから。

あなたはいつだって祝福されている

いつだって祝福されているというのはどういうことでしょうか

それはね、一番シンプルで一番大事なこと。つまり「今日わたしは生きている」ということです。これを祝福されていると言わずして何と言ったら良いのでしょうか?

今日、起き上がれることも、目を開けられることも歩けることも、ご飯を食べられることも、食べるご飯があることも、ピアノを弾ける体があることも、全て祝福されているのです。

つまり、祝福されているというのは「感謝することがある」ということ。有難いことですね。

スポンサーリンク

自分を認める

大事なことは自分を見下さない。自分を卑下しない。

「わたしなんて」「だって」をやめる。自分を責めるのをやめる。あなたはそのままでいいのです。

もっとこうなりたい、変わりたいと思うのは悪くない。だけど、「今のわたし」だって「いいんだよ」って認めてあげる。まずはそこから。大丈夫。大丈夫。今日もツイてるよ!

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク