直感・ひらめきがやってきても、それは本当に正しい直感なのか、自分で判断できないことはありませんか?

直感・ひらめきがやってきた瞬間は、脳がざわざわするように一瞬喜びでいっぱいになるのだけれど、次の瞬間迷いに支配されてしまう。すると何が正しいのか良いことなのか、もう判断出来なくて動けなくなってしまう。それはもったいないこと。

直感を信じてみませんか?

その直感の通り!間違いない!

本当は(あなたの中の本当のあなたは)、何が正しいのか・次に何をやれば自分にとって良いのか・良い道が拓けるのか、知っているんです。でもね、日々無意識のうちにものすごい量のことを考えているから、そんな中で自分の本当の気持ちが忘れられてしまうのかもしれませんね。

だからこそ、直感を信じてあげましょ。直感は間違いなく正しい。直感を信頼して大丈夫!と自分を信じましょう。自分の直感を信じましょうよ。

直感はいつも、あなた(わたし)をサポートするために訪れます。

気付けば感謝する。感謝すれば祝福される。

直感・ひらめきが訪れるのは偶然ではないの。直感・ひらめきがあなたに訪れるのは、必然性があることなのです。必要があって、ちょうど良いタイミングで訪れる。そのことに気付けたら、そこで放置することなどなくなります。すぐに行動するようになるでしょう。

直感・ひらめきは必然性があって訪れるのだと気付いたら、それはなんと有り難いことかと感じるでしょう。自分の中の本当の自分の感性が研ぎ澄まされている時・いろんなことを吸収するのを拒まず全開にしている時、まるで偶然のように、でも必然的に直感・ひらめきは訪れます。

自分の中の本当の自分が直感やひらめきを引き寄せているとしても、自分がそれに気付くことが出来なければ、訪れていないも同じことでしょ?

そう思う事が出来れば、自然と感謝の気持ちがわくでしょう。感謝する気持ちを持っていると、次第に祝福されるようになります。あなたを支持・支援してくれる人たちが現れますよ。すると、どんどんやりやすく・どんどん生きやすくなっていきます。それに気付くと更に驚いて、感謝の気持ちも尚深まるでしょう。

スポンサーリンク

重要なのは自分自身を信じること

どんなに直感やひらめきが訪れても、どんなに自分が不安に包まれても、自分の事は自分で決めるしか無い。もしもあなたに100%信じられるキーマン(心の師匠のような存在の人)がいるとしても、最終的に決めるのはあなた自身です。もちろん、ヒントやアドバイスを頂くでしょう、導いて頂くでしょう。ただしそれを拒絶することも全面的に受け入れることも、そして何か他の考えと混ぜて受け入れることも、そうすると最後に決断するのはあなた。

結局は自分が決めているのです。だったら最初から自分自身を信じたらいい。他者を信じないと言っているのではありません。あなたはあなた自身を、ちゃんと信じていいんですよ。

そうすればもっと直感やひらめきを素直に受け入れられるようになるでしょう。もっともっと生きやすくなりますよ。何故ならあなたが自然体でいられるようになるから。

今日もワクワクの1日を☆

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク