どんなことだって、始めるのに遅いことなんてありません。年齢なんて気にしているのは自分だけ。人の目を気にする理由(言い訳)にしているに過ぎません。

あなた(わたし)が何をしようと何に挑戦しようと、その結果がどうなろうと、他の人には関係のないことでしょ?とやかく言われる筋合いはないし、まったくもって「関係ないこと」なんです。あなたの人生はあなたのもの。始めるのに遅すぎるなんてことは、ないのです。例えあなたが今100歳だとしても。

そう、思い立ったが吉日ですよ。

始めるのに遅いことはない

いや今からなんてとても無理・・・あなたの心から、そんな声が聞こえますか?もしあなたの心がそう言っているのなら、次はあなたの心にこう聞いてみて下さい。

「どうして今からだと無理なのかしら?」と。

理由もなく「無理」なんて言いません。きっといろんな理由が出てくるでしょう。それを全部、否定しないで受け止めてみましょ。それらはあなたの「不安」です。

どうして今からだと無理なの?

あなたの心にもう一度聞いてみましょう。どうして今からだと無理なの?

  • 体力がないから
    →じゃあ、体力をつければいいんじゃない?少し歩いてみたらどう?
  • 途中で挫折するに違いない
    →どうして途中で挫折すると思うの?やってみなきゃわからないんじゃない?
  • きっと周りから反対されるから
    →じゃあ、説得すればいいんじゃない?私の人生よ、と言いきれば?
     そもそも周りに言う必要はあるのかな?
  • 自分が出来る姿が想像出来ない
    →別にいいんじゃない?今想像出来なくたって、やり始めればだんだん想像出来るようになるよ

と、こんな感じで「あなたの心」と問答してみればいいんです。あなたが怖がっていることは、もしかしたら本当はあなた自身が本当に怖いのではなく、周りから植え付けられた「ネガティブ・イメージ」なだけかもしれませんよ。

スポンサーリンク

思い立ったが吉日

そう!思い立ったその時が吉日なんです。始めるのに相応しい時なのです。それこそが直感!ひらめき!お告げ!メッセージ!林先生があなたの目の前にいますよ!

「いつやるの?」「今でしょ!」

キリの良いところで始めよう!とか、縁起の良い日を狙ってその日から・・・というのもアリだけど、案外そう思っていてもその日をすっかり忘れてダラダラまた流れてしまうことも、予想に難くありません。違う?

何か「今だ!」とピンと来たなら、絶対「今」なんですよ、始め時は「今」。タイミングやリズムは体が教えてくれるもの。どんなにやる気があったって、体が動かない時だってあることを、あなたは知っているはず。あなたの中からフツフツと湧き上がることを「見なかったこと」にはしないでね。

練習だって同じ事ですよ。「タラレバ」より「しなきゃ」「やらなきゃ」「やっちゃだめ」という縛りを解きましょう。もう一度言います。「いつやるの?」「今でしょ!」

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!