寝る前、明日がすぐにやってこなければいいのにと思ったことはありませんか?私はしょっちゅう!思います。あぁ、お願い、ぐっすり眠っている幸せな時間を、少しでも長く私に頂戴!ってね。

と思うけれど明日がやってこなかったら困りますよね。

なんで朝はあっという間に訪れるんだろう?

「寝る(眠る)こと」が好きな人は少なくないだろう。何故なら寝る(眠る)ことで疲れが癒え、休息したという実感を得られるからだ。

あなたが「たくさん寝たなぁ♡」と幸せに感じられるのは、どんな時ですか?

私は結構毎朝「げ!もう朝!寝たらすぐ朝じゃーん!」と、あっという間に朝が訪れることが、ちょっとだけショックです。実際には7時間とか寝ているのに、そんなに長い時間寝ていたという感覚がないの。

でも、いろんな夢を見た時は(特に嬉しいとか面白い夢を見た時は)「しっかり寝た満足感」を得ているようです。あ、これは私の話ですよ。

「あっという間に朝が訪れる」気はするけれど、本当はちゃんとそれなりの時間が経っている。ただ、本当に「ぐっすり眠っている」から、夢を見る暇もないし、寝ている最中に目が覚めることもないのよね。寝ることに集中しているんだなぁ。そう思えると、ちょっと得した感じもしたりする?

それって結構幸せよね。

スポンサーリンク

朝がやってこなければいいって本当?

夜眠りにつく前には「朝がやってこなければいい」とか「明日にならないといい」と思う時があります。それはただ「いっぱい眠っている時間を味わいたいから」という単純な「寝ている時間で幸せを感じられる」という発想。

だけど、もしも本当に「朝がやってこなかったら」「明日が訪れなかったら」・・・それはもうこうやってブログを書いたりブログを通して何かを発信したり、あなたと触れ合う時を過ごすことはできなくなるということですよね?

つまり、「生きる」のが終わること。人間は誰だっていつかは「死ぬ」時がやってくるのだけれど、1日でも長く生きていたいと思うのは普通の欲だと思う。だってまだまだやりたい事はあるのだもの。「やりたい事」が漠然としているなら、それを「食べたいモノ」に置き換えてみるといいかもしれません。

私は今食べたいものがいっぱいあるの。それを食べるために毎日割り振りを考えるだけで大変(シアワセ)笑。

豪華なものとかじゃなくてね。普通に1回に食べられる量には限度があるのだから、食べたいものがどんなに小さなものでも(例えばお新香一つ佃煮一つとっても)、すぐに、あるいは毎回食べられるわけじゃない。

だから「朝・明日」は、ちゃんとやってきて欲しい。今朝も起きた途端に嬉しいメッセージ(降りてくる方のメッセージじゃなくて、頂く方のメッセージ)がスマホを光らせて私を喜ばせてくれました。有り難いわ〜。

小さなシアワセを、いっぱい感じたり味わったり感謝するのが生きているってことかもしれません。

すると、どんなに小さな曲だろうと、たった1フレーズだろうと1音だろうと、こだわって味わうことが出来るこの1瞬があるというのは、最高に素晴らしく有り難い環境を「生きている」んですよね。今日も感謝してピアノに向かいましょう。

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!