大事なことがあって、それをやり遂げたいのになかなか出来ない。そんな事はありませんか?本当に自分に約束したはずなのに・・・

自分が本当にやりたい事をやり遂げるために、今日は「やらない3つのコト」についてお話しますね。

自分に約束をする

自分が本当にやりたい事なら、それを「絶対にやるのだ!やりとげる!」と、自分自身に約束しよう。

心の中では思っているけど、出来ないのは(やり遂げられないのは)、ちゃんと自分自身に約束していないから。だから結局、自分を甘やかして許してしまうのです。

今年、わたしがやりたかったのに出来なかった事は何?と、今日は自分の棚卸しをしてみましょうか。本当に今年こそ絶対にやるんだ!と思うことを書き出して、自分に宣言する!やるぞ!と。

じゃあ、どうやってそれをやり遂げましょうか?その計画を立てるのが今月の仕事だと思ってみましょう。「できなかったらどうしよう」なんて、思わない。

できなかったら、今と何も変わらないだけだからね。

大事なコトのために、「やらない3つの事」

自分がどう動く/動きたいかという、あなたが思っているコトを軌道に乗せていくために….あれこれ考えてみましょう。

多分、人に聞いたら、「それ、ムズカしいんじゃ?」「それ、無理でしょ」って言われることもあります。でもそれはね、単なる「ドリームキラー」です。それはそういう事を言ってくる人が悪いのではなく、あなたの中に居る「どうせ私には出来ない」と思っているもう1人のあなたの気持ちを代弁しているだけなんです。

言い換えれば、あなた自身を試している。そんな事を言われても「そんなコト無い!あなたには関係ない!私は私!」と思って奮起出来るかどうか。本当は出来るんですよ。でもあなたの中のどこかに「やりたくない」「やるの怖い」と思ってるあなたが居るのも、事実なんです。

私が、自分でやりたい事に対して「やらない」と決めている事をご紹介。

  1. できない理由を探さない
  2. 「できない」と決めつけない
  3. 「無理!」と言わない

「それ、無理じゃな~い?」と言う人がいたら、「聞か猿」になる(笑)。知らんそんなもん。そんなわけで、本日も楽しく前を向いて生きますばい!

今日もワクワクの1日を☆

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク