あなたは今、何かに悩んでいるかも知れません。そうだね、事の大小を問わず、誰にでも悩みや後悔する事はあるでしょう。毎日色んな事が起こるものね。

前向きに前向きに、と思っていても、気付いたら落ち込んでいたり。そんな前向きばっかりではいられませんよね。でも、それはそれでいいんじゃない?落ち込んでもいい!今日はそんなお話です。

全ては順調に進んでいる!

私たちの日常には、いろんな事が起こりますね。嬉しい!楽しい!ラッキー!な事ばかりじゃ、ありません。なるべく良い事にフォーカスするようにしていても、「あちゃ~」「うへー」「ガーン」な事は、起こります。

「起こること」だけではなく、少しずつ、小石を積み重ねるように、丹念にやってきた事が、一瞬で崩れたりも、します。
或いは、変な欠け方をして、どう修復していいのか、途方に暮れてしまったり。それでも!

全ては順調に運んでいる!!!と、宣言しましょう!

言ったもの勝ち、じゃないですが、でも似たようなものなの。宣言する!=声に出して言うって事は、

私はそこに向かって行ってますよ~~~!と云う事を、他者さんだけではなく、一番は、自分自身に宣言しているのですから。

もちろん、自分以外の方々に宣言する!というのは、その効力は大きいんです。でも、たまーに夢泥棒さんがいますからね。仲良しのお友達の中にもいるんですよ、不思議かもしれませんが。でもその夢泥棒さんは、あなたの心の中に居る「不安」を表しているだけなんです。

だけど、夢泥棒さんが現れて「無理じゃない?」なんてさらっと言われると、それだけで凹みますよ。えー!私には、「やっぱり」できないんだ・・・

 やっぱりできないって、誰が決めたの?
 それは、それを進言した夢泥棒=友達自身には、出来ない、というだけの話です。
 もう行く道が違うからね、友達とあなた(私)はね。

だからね、なんかそういう凹むような事を言う友人がいたら、その人との関係はちょっと考えたほうがいいかもしれません。あるいは、その人には夢は語らない方がいいかもね。当たり障りのないところでお付き合いしていればいい。

さぁ、是非、言ってみて!

「全ては順調に進んでいる!!!」と。

誰にも遠慮はいらない。あなたの人生はあなたのもの!

誰にも遠慮しなくていいの。だって、「あなた」の人生なのだから!うまくいかないかもしれないけれど、でも誰にも迷惑かけないし、文句言われる話じゃない。だって、「あなた自身」の話(人生)だから。

もしうまくいかなくても、それはその時に「もうちょっと、試練を与えたほうがもっと大きく花が開くよ!」って事なんだよね。気にしなーい!

花を咲かせるためには、この、動き始める前の段階でうじうじしてても何も始まらないでしょ?まずは、自分を信じる。そして毎日、一歩を踏み出す。「きゃー!うまくいってるよ~!わたしって最高~!」って、根拠がなくてもいいから、自分で自分を大絶賛しちゃおう!!!の巻♡それで、いいんだよ~~~!でへへ。

スポンサーリンク

ティーブレイク*今日の音楽:ドビュッシー「人形へのセレナーデ」

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの没後100年の2018年です。せっかくですからこの機会にドビュッシーの作品や書籍にたくさん触れてみましょう。

9月2日に東京で開催するリサイタルでも取り上げますドビュッシーのピアノ組曲「子供の領分」から第3曲”人形へのセレナーデ”をお送りします。

この曲は現題が「Serenade for the doll」なので「人形のセレナーデ」なのです。

しかしドビュッシーが英語が下手だったから間違えたんじゃ?本当は「人形のセレナーデ」じゃん?などとまことしやかに言われていますが(コルトーが最初にそれを指摘したとか)、いやいやドビュッシーが英語が下手だったのではなく、ちゃんと狙って「人形へのセレナーデ」にしたんだ(forを敢えて使ったんだ)とも言われています。私は後者を支持。人形のではなく、人形へのセレナーデ。

「人形のセレナーデ」と「人形へのセレナーデ」、似ているようで全然意味が違いますよね。捉え方が変わってきます。

お借りしたピアノで、ちゃんと調整・調律されていないので音の狂いはご容赦下さいませ。

全ては順調に進んでいる!と宣言するのまとめ

  • 日々色んな事が起こるけれど、全ては順調に進んでいる!と自分で自分に宣言しよう!
  • 宣言するのは重要。ちゃんと自分に言い聞かせよう。
  • あなたの人生はあなたのもの。誰にも遠慮はいらないし、誰かの言葉を気にする必要はない!

もうね、そのまんまです。あなたが一番大事にすべきなのは、あなた自身の心。それだけ。自分を認めて自分を大事にしよう!卑下しないでね!

最後にお知らせです。

荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内

今年も東京でリサイタルを開催させて頂けることになりました。

毎年好評の「お話と映像とピアノ」のコラボレーションも、今回は「おんがくの絵本」としてバージョン・アップ!ドビュッシー没後100年の今年は、プログラムもドビュッシーの作品づくしです。

2018年9月2日(日)15時開演

東京南麻布のセントレホールにて

チケット代は以下の通りです。

  • 一般:4,000円
  • 中・高校生:3,000円
  • 小学生:2,000円

ご予約はこちらをクリックして開かれるページで承っております

セントレホールでお会いしましょう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク