ピアノの練習を頑張っていたり、コツコツと仕事をしていても、あぁ私には無理だ・・・と凹んだりくじけそうになる事はありませんか?

もうダメだー!自分なんか自分なんかー!こんな事やったって意味なんかない!とか、とことん自分をいじめて落ち込む方へまっしぐら。

でもそれ、全然おかしいことじゃないですよ。言いますよ、あなたも私も人間だもの。凹まない人もいるかもしれないけれど、凹むのは感情がある人間にとってある意味アタリマエのこと。

だから言います。凹んでいい!落ち込んでいい!今日はそんなお話です。

へこんだっていいんだ!

うまくいかなくて、壁にぶつかって、もうコレ以上絶対無理!な状況になった事を想像したり思い出してみて下さい。

そこで「なにくそ!」「苦しくったって!」「悲しくったって!」と歯を食いしばって立ち向かっていけるなら、まだそれは壁にぶつかってくじけてなんかいないんです。

心では「やらなくちゃ」とか「本当はやり遂げたかったのに」と思ったとしても、もう体が動かない。思考停止状態になってしまうかもしれません。

それこそ、そんな状態で動こうとしたって動けないでしょ。無理じゃん。だったらその状況を「今の私はこうなんだ」を認めて受け入れてあげましょ。

そう、へこんだっていいんだよ!

明けない夜はない!

明けない夜はない。そうですよね。生きている限り、必ず夜は明けてまた次の新しい1日が始まります。かのシェイクスピアさんだってそう言ってますよ。

どんな長い夜も、

   必ず 明けるのだ。

     by ウィリアム・シェイクスピア

明日は明日の風が吹く〜♪と言ったのは寅さんでしたっけ?(笑)

そう、明日は明日の風が吹くのです。もしかしたら今日よりひどい風が吹くかもしれません。でも、風向きが変わる可能性だってあるんですよ。

絶対諦めなければいつか好転する!

コツコツと地道な努力を続けていれば、それは必ずいつか報われる。やり方さえ間違えていなければね。

今、落ち込んで動くことが出来ずにいても、諦めなければいつかそう遠くない日にはまた動けるようになる。何かひらめくかもしれません。そう、あくせくと走り続けている時には気づかない事や思いもしない事を、動けずにいる時やぼーっとしている時こそ、浮かんだりひらめいたりするもの。

だから、諦めなければいつか、好転します。道は開けるの。忘れないでね。

くじけたっていいけど絶対諦めない!明けない夜はない!のまとめ

  • へこんだっていい!へこんでる自分をこれ以上いじめない!
  • 明けない夜はない事を忘れない
  • 絶対諦めなければいつか好転する時が訪れる!

どんなに最低限でも、生きることを諦めないでね。一番大事な事です。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク