はっ!これだッ!とひらめいたり、あれこれ考えて練ってきて、「よし!これでいくぞ!」と決めたのに、どうしてか、不安に襲われることはありませんか?

そんな不安に襲われた時、どうしたら良いのでしょうか?

これで良いのかと不安で人に聞きたくなる時、既に答えは出ている!

不安になるのは、当たり前なのよ〜!って自分に言ってあげましょ。それこそ、「だって人間だもの」 ですよ。

それでね、親しい人や尊敬する人に、アドバイスを求めることがあるでしょうか?「相談に乗ってもらう」と言うやつです。相談する前は、本当に心底、真摯に「助言を頂きたい」と思っていたのに、実際に助言を頂くと「いや、違う」とどこかで感じてしまったりしませんか?

私は自分が誰かに相談してきた時も、誰かに相談された時も、それを感じたことは数え切れないほどあります。皆さんもそうではないでしょうか?

自分が誰かに相談してきた時、そのお相手から頂く「アドバイス」に感じる違和感がありました。そして、自分が誰かに「相談されて・意見を求められて」真摯に向かい合って「自分だったら?」と考えて意見を言ってみると、ことごとく「そりゃないさ」と却下されてきたのです。「嘘でしょ?」とか、全否定。

あなたが意見を求めてきたんでしょ?なにその返事?失礼ね・・・っていつも思っていました。そういうのに耐えられなくなってから、「相談」を持ちかけられても「私だったら」と親身に答えるのをやめました。「そう、大変ね」程度に受け流す。そもそも、相談されるっていうのは私の時間奪われてるんだし、めんどくさ。ってね(笑)。

こんな話を読まされて(ここまでお読みくださったあなた様に敬意を表します!)。。。ごめんなさい。

もうお気づきかしら?不安のあまり誰かに相談する時、本当はもう「あなたの中に既に答えは出ている」のです。「わたしの力」を信じましょうね。

「今」を生きるために、「今」に意識を向けてみよう

アイディアが湧いたり、やりたい事が見えているのに、なかなか実行に移せないこと、ありませんか?理由はいろいろあるでしょう。「やるやる」って言ってるけど、いつもやらない人は除いてね。

何かが引っかかって一歩を踏み出せなかったり、なぜか体調がすぐれなかったり。じゃあ、どうしたら実行できるんだろう?

最初の1歩を踏み出すために、さぁ、深呼吸してみよう!そうしたら、リラックスできるから。

そうしたら、「今」取りかかるべき第1歩は何なのか?もう一度、自分に問いかけてみよう。自分の心に問いかけるということに、集中してみる。

後のことは、心配しなくていいからね。どうしてかって?

だって「あなた」は、「今」を生きているのだから。未来のために、将来のために何かをしようとするよね。でもね、未来は未来で、「わたし」はいつの時も「今」を生きているの。そうだよね?

だから、「今」を生きるために、常に「今」に意識を向けてみよう!

今日もワクワクの1日を☆

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク