人は自分の足で歩く!人生は一度しかないのだから幸せに生きると決めよう!

2018年9月25日

「人」という字は人と人が支え合っている状態を表している、と言いますよね。
そして確かに人は一人では生きられない、誰かと・いろんな人と支え合いながら生きています。

でもね、本当は自分の足で歩いている事を忘れていませんか?
どんなに支えてもらっていても、結局自分の足で踏み出さなければ自分の人生を生きている事にはならない。

支え合っているペンギンちゃんたち
支え合っているペンギンちゃんたち

自分の足で踏み出すと言うと大げさかもしれませんね。
それはただ決断するだけでいい。こうする!と決めること。
実は毎日私達は何かを決断しています。気付いていますか?

「人」という字は人と人が支え合っているのではない

うっ実は支え合っていなかった?
うっ実は支え合っていなかった?

時々、斎藤一人さんのお話が録音されたもの(講演)を聴いています。
何回聴いても面白いの。思わず顔がニマニマしちゃう。
何回聴いても、聞き落としがあったりするんだな、と気付きがあるんです。
先日聴いていて、ふぉおお!と思ったお言葉を、ご紹介しますね。

「人」という字はね、人と人が支え合っている、っていう意味じゃないんだよ。

人はね、これだよ(多分この時、一人さんは足を開いてしっかりと踏みしめている)

自分の足で大地を踏みしめて歩いていける!って事なんだよ。

なるほどね。確かに、人は「支え合って」いる部分はたっくさんある。
一人で生きてるんじゃないよってハナシ。

だけど、まずは自分の足でしっかりと歩いていかねば。
人様が手を貸してくれたり知恵を授けてくれるのは、自分自身で歩を進めた後にツイテくることなんだよね。
最初から「助けて助けて~!」の他力本願では何も自分の身にはならないという事でしょう。

その斎藤一人さんの一言が妙に腑に落ちました。あなたはどう思うかしら?

人生は一度しかないから、幸せに生きると決める

人は誰でも一日は24時間で、人生が一度しかないというのは同じ。
(生まれ変わるというのはまた別の話)

自分の人生が幸せか不幸か、というのは、自分で決めること。
自分が不幸だ不幸だと思ったら、そりゃもう絶対不幸でしょ。
イヤな事とか、考え込んじゃう事は誰にでもあるよね。
だけど、それだから不幸って思うかどうかは人次第。

最近、考え込んじゃう事が起こっても、あ~ぁってあまり思わないんです。
ずいぶん楽天的?楽観的になったような気がします。

だってね、人生は一度しかないのだから、なるべく楽しんで生きたいと思いませんか?
え~、それやるのぉ?と思っても、それを楽しんじゃう~!くらいにしたいものです。
誰かが言っていましたよ。

人生をうまく生きるコツは、何にでも感動すること!

同感です!

昔はいちいち感動したり反応するのことに反発心を持っていたのですが
(今思うと不思議でなりませんが)、
いちいち「わーすごい!」って感動したり、
「わーコレ何?」ってワクワクした方が、本当に楽しい!
幸せが増殖していきます。

人の悪口ばっかり言ってる人がいますよね。
かわいそうだなぁと思います。他にする事ないのね。

もしもあなたが誰かに陰口叩かれたりして嫌な思いをしているなら、そう思えばいいんですよ。
「あの人、暇なのね〜」って。

ワクワクして楽しいこといっぱいだと、人のことなんてハッキリ言って、どうでもよくなるんですよね。
嫌だな、と感じることはあるかもしれないけれど、引きずらない。
あ、嫌だな、でも私には関係ない、で終わり。

せっかくのあなたの人生ですよ。
人に振り回されないで、自分で自分を楽しんで生きましょ。

今日のピアノ動画*ギロック「飛翔」

さぁ、ティブレイクは、アメリカの作曲家ウィリアム・ギロック様の「飛翔」です。

あなたも飛び立ちましょう!

人は自分の足で歩く!人生は一度しかないのだから幸せに生きると決めよう!のまとめ

  • 人は支え合って生きていると言っても、実は自分で決断して生きている
  • 自分の人生をどう生きるかは、結局自分が決めている
  • 人生は一度しかないのだから、幸せに生きると決める!
  • 人生を楽しく生きるコツは、いちいち感動する事
  • 人の陰口を言う人は、ただの暇人

さ、今日もワクワクの1日を過ごしましょう!
玄関を開けて外に一歩出たら、気持ちいい!って思えたらもう大丈夫ですよ♪

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,067人の購読者に加わりましょう