心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

8月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

目標を達成させるために第一歩を踏み出す方法

この記事は約7分で読めます。

人は多かれ少なかれ、何かの目標を持って生きていると思います。

いやいや、大した目標はない、とあなたは言うかもしれません。それでも、あなたは目の前にあるその曲を、いつか弾けるようになりたいと思っているのではありませんか?

なんとなく、ぼんやりとした目標を持っているあなたも、期日を決めて目標を達成させる!と意気込んでいるあなたも、せっかくやるなら、きちんと達成させたいですよね。

さぁ、今日は「目標を達成させるための第一歩とは何か?」について、お話します。

目標を達成させるための第一歩とは「明確化」させること!

あなたが目標を達成させるために必要な第一歩。

それは、あなたがあなた自身のことを知り、あなたの行動、あなたの思考をよりはっきりと知ること。そして、あなたの行動を明確化させる事です。

もう一度言いますよ。

あなたはあなた自身のことをもっと知る必要があるんです。

自分のことって、意外と気づいていないもの。だからちょっと立ち止まって、あなた自身のことを振り返ってみましょう。

  • あなたはどんなふうに考えたり計画を立てる人なのか?
  • あなたは計画を立てたあと、どんなふうに行動する人なのか?
  • あなたは果たして行動したあとに、それを検証する人なのか?しないのか?

そして、それぞれに「どのくらい時間をかける人なのか」ということも、知っておくと良いですね。これぞ「明確化」です。

なぜこのようなことをするのか?

あなたの今までの思考・行動の仕方がわかれば、対応することができますよね。

あなたの今までの目標で、達成できた時・達成できなかった時では、どんな違いがあったのか?

それを知っておけば、あなたのこれからの目標を達成させるのは、そんなに難しいことではありませんよ。ほら、あなたの目標は、ぐん!とあなたに近づいてきます。

目標を達成させるためにやる具体的なこと


まず、あなたの目標をかかげてみましょう。

あなたの目標を、箇条書きにしてみるのがオススメ。

次に、あなたの目標を達成させるために、何をどうやっていくかを決める。それを箇条書きにしましょう。

書き出しているうちに、どんどん新しい考えが見えてきたり、ひらめいたりしますよ。そういうことも、迷わず書き出していきましょうね。

書き出したものを見直すと(俯瞰)、「こうやってやっていこう」と最初に思った行動の順序ややり方よりも、もっと良い方法が見つかる場合もあります。そしたら、それも書き出す。

あとは、そのとおりに行動するだけ。

そして、ある程度時間がたったら、検証作業に入りますよ。

あなたの目標に向けて、予定通りに事が進んでいるのかどうか?もし思うように進んでいないなら、「どうして出来ていないのか?」を思い起こして、また書き出してみましょうね。

理由はいろいろあるでしょう。

  • 時間が足りなかった
  • 疲れていた
  • 自分のスケジュール管理がきちんと出来ていなかった
  • 突発した事に追われてしまった

など。まずは書き出すことが大事ね。怖がらないで、あなたのちょっと前の過去を振り返ってみましょう。

なぜ検証作業をするのか?検証が必要なのか?って思うかしら?それはね、検証作業が大事なのは、また次に行動を起こす時に無駄がないようにするため。あなたがそれまでと同じ理由で「出来なかった」状態にならないようにするためなんです!

だから、考える・振り返る・自分の思考と行動を知るのは、あなたが目標を達成させるためには、必要なこと。

過去を分析・検証するのは自分を向上させる近道

過去を分析することは、もっとも自分を向上させるための近道です。

どんなに上昇志向があっても、今まで思うように前へ進めなかったのは何故だろう?その原因を知らなければ、改善することはできません。

もしかしたら、あなたはあなたの今まで(過去)のやり方を分析するのは怖かっただけかも?

過去を分析することが恐怖なのはなぜ?

あなたが、過去を分析することが怖い、恐怖だと感じるのはね、きっとこんなこと。それは、あなたが自分を向上させたいと思っている理由としっかりと向き合わなければならないから。

あなたが自分自身で、「わたしのやり方は間違っていた(かもしれない)」と認めるのは怖いからかもしれませんね。そしてそれは、もしかしたらあなたは過去の自分がイヤだったから。イヤな自分と向き合いたくないからじゃないかしら?

あなたが過去のイヤな自分と向き合いたくないのは、あなたが過去より前進している証拠よ。だから、怖がらないで。今までの自分を認めたら、そこから脱して新しい道を歩くのは、もうすぐそこ。

なぜ「過去を分析するという恐怖に立ち向かう」ことが必要なのか?

それはね、自分の「過去の経験」を、改めて「認めなければならない」から。それが苦しいことだと想像がつくから、怖いんだよね。

イヤな事から逃れたい、という気持ちがあるのは自然な感情でしょう?

でもね、自分の「今までのやり方」を認識しなければ、また同じ事を繰り返すから。だから、過去を分析することが必要。

もう一度言います。立ち向かう前は怖いけれど、「これからを良くするための序奏」だと思ってみて。扉を開けたら、新しい道が待っています。

大事なのは…

あなたの「負」の部分も「良い面」も、そして人から言われて印象に残っている事で思いつく限りのことを書き出すことです。

目標についても同じですが、何においても「書き出す」ことはとても重要で効果があること。

頭の中で思いめぐらせているだけではダメ。人は簡単に忘れてしまうから。

  • ほめられて嬉しかったこと
  • 言われてツラかったこと
  • あの時、本当は自分はこうしたかったこと
  • あの時、どうして自分はあのような言動をしたのか?

そういう事柄を、思いつくままに書き出す。一日でやってしまおうと思う必要はありません。

思いついた時に 書き留めておけるノートがあったらいいですね。そのノートがいつでも取り出せるところに、目につくところにあったらいい。手帳でも十分よ。

あなたがいつ、 

  • どんな時に弱くなるのか?
  • どんな時に力を出せなくなるのか?
  • どんな時に気持ちがアガるのか?
  • どんな時に力を発揮できるのか?

良い面と負の面を知っておくことで、これからの自分の動き方に自信を持てるようになります。

そして最速で、必要な事をやっていけるの。

だから、過去を分析するという恐怖に立ち向かってみましょう。

スポンサーリンク

今そこにある現状に満足しない

今そこにある現状とは、あなた自身が作ったものなんです。先ほどまでのあなたが築き上げて来たもの。

視野を広げ、貪欲に欲しい知識を得て、自分自身に生かそうと努力する日々。

ある時、以前のわたしとは少し違っているかも?変わった?少しは変われたかも?少しは欲していた自分の姿に近づけたかも?と感じる時があるでしょう。それを感じられると、前進できている自分が嬉しいよね。あぁ、わたしだって、やれば出来るんだ!って思える。

少し、自信がつきます。これはとてもイイ事。努力して来た自分を褒めてあげるのは、大事な事ですよ。ちゃんと褒めてあげてね。自分をも、自分で認めてあげる。

問題はそこからですよ。

少し前進できた自分を褒めて労ってあげたら、そこで満足しちゃっていいかしら?

もし、あなたが求めているものが、すっかりあなたのものになったのなら、そこで満足しても良いのでしょう。

でもね、大抵の場合は、本当にあなたが欲しているもの/事は、もっと先にあると思うの。

どうしてかと言うと、あなたは前進していく過程で、考えているもの/求めているものはどんどん書き換えられて行くでしょう。新たな目標や、何かもっと飛び立つために出来ることなんかも思いついていきます。

だから、今置かれている現状に満足しないことをオススメしますよ。

附加るとね、ちょっと自分を褒めて、認めて、一呼吸(休憩)するのは良いのよ。リフレッシュも必要。でもね、腰を落ち着けすぎてしまうと、もう一度歩き出すのは大変になっちゃうのね。だから、今そこにある現状に満足しないように、もう少し先を見られたらいいな。

今日まで準備して来たこと、あなたとしては、かなり理想に近づいているかもしれません。でも、もしかしたら明日は体調を崩すかもしれない。集中できないかもしれない。

だから、今、もう少し前へ進む事ができるなら、止まるのはやめておこうか。

満足しちゃったら、これ以上先にあるものに近づくことは、できないからね。

今日のピアノ動画*ショパン「ノクターン」Op.27-2

ティブレイクは、ショパン様の「ノクターン」Op.27-2をお送りします。

Chihiro plays Nocturne, Op.27-2 by Chopin

香港シティホールのリサイタル・ホールにて。ピアノはベーゼンドルファー

まとめ

目標や願望を明確化する事が、それを達成させるための第一歩なのだ、という事を忘れないでね。

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。
オンライン/動画レッスンのご案内
ピアニストでピアノ講師の荒井千裕によるオンライン・ピアノ・レッスン/動画deピアノ・レッスンのご案内
【ブログをメールで購読】

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,144人の購読者に加わりましょう

心と体を楽にするピアノ奏法をメルマガでお届けします。
演奏のための心の持ち方
Chihiro ARAIをフォローする
心と体をラクにするピアノ演奏法

コメント

タイトルとURLをコピーしました