ピアノ奏法

リスト「メフィスト・ワルツ第1番」から

休符は音符と同じように、その長さの種類はいっぱいあります。
全休符・2分休符・4分休符・8分休符・16分休符、他にもいろいろ。
休符は「お休み」だけど、「休憩」というわけではありません。

例えば、同じ8分休 ...

ピアノ奏法

モーツァルト「ロンド」ニ長調から

あなたは「スタッカート」の意味を、どのように理解していますか?

私の所にレッスンに見えた大人の生徒さんの殆どが、こう答えました。
「スタッカートは、はねる!」

うん、イメージとしては、わかるんだけどね。 ...

ピアノ奏法,スラー/レガート

長いスラーの弾き方も1回転

スラーが付いていたら、「なめらかに」とか「繋げて弾こう」って確か習ったんじゃないかなぁ?

でも、練習しているうちに、自分が「なめらかに」弾いているか、ちゃんと「繋げて」弾いているのか、気にもしなくなっていないかしら?

ピアノ奏法,アルペジオ

リスト「パガニーニ・エチュード」第6番から

アルペジオのフレーズは、腕が低音域に行ったり高音域に行ったりしているうちに、どんどん軸がぶれて弾きにくくなりやすいもの。
あなたはアルペジオ・フレーズに泣かされた経験、ありませんか?

そんなアルペジオのフレーズも、 ...

演奏のための心の持ち方

何を磨く?

あなたは空想好きな子供でしたか?

私は長いこと一人っ子だったし、一人で遊んだり絵を描く時間が長かったので、結構な空想好きでした。
特に、読んだ本からはすぐ影響を受けちゃってね。
「小公女セーラ」とか「アルプ ...

ピアノ奏法,音階・半音階

ピアノの鍵盤の並び方を見てみよう!

音階やら半音の動きなど、何を今更?と思うでしょうか。

ピアノに限らず、音楽の基本練習として早いうちから経験させられるもの。
だからこそ、考えなしに指だけ動かして弾いてしまう練習・運動になっていませんか?

演奏のための心の持ち方

目の前のことを全力で楽しもう!

今日はピアノそのものの話から、ちょっとだけ離れます。
でも、全く違う話をするわけでもなく。

集中力とか努力とか、そんな話をしていきます。
あなたの日々の練習や過ごし方に、参考になる事があれば、取り入れてみて ...

ピアノ奏法

ラフマニノフ「前奏曲嬰ハ短調」”鐘”から

あなたはピアノを弾く時、音程について考えたことはありますか?

歌う人や管楽器奏者なら、演奏するためには喉を使わざるを得ないから、音程は常に意識する事でしょう。
でもピアノはね、ほら、鍵盤を押したら音は鳴ってしまうの ...

ピアノ奏法

ギロック「ソナチネ」から

「クレッシェンド(crescendo)」は「だんだん強く」という音楽用語で、知らない人は居ないくらい、馴染みのある用語ですよね。

ただ、「フォルテ」は「強く」、「アクセント」は「その音を強く」のように、「これはコレ」って考 ...

ピアノ奏法

グリーグ「ピアノ協奏曲」から

楽しい楽しい!ってピアノを弾いている自分。
でも、レッスンに行くと、先生に「もっと歌って!」と言われてしまう。どうしてかしら?
私はうんと歌ってるつもりなのに…

と思う事はありませんか? ...