ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第1番」プレリュード出だし

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ブログ

タイトルの通りですが、昨夜(2021/09/17)より、愛用のパソコンが起動出来なくなりました。

いろいろと手を尽くしている所ですが、しばらく発信出来なそうです。

イベント,ブログ

荒井千裕ピアノ・リサイタル2021

有難いことに、ご縁を頂いて2016年から毎年、シリーズのように開催してきたピアノ・リサイタル。

今年2021年は、無観客で収録→後からオンデマンド配信することとなりました。

今日は、その事について、備忘録的に、 ...

ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第8番」フーガ7小節目

ピアノを学ぶなら避けては通れないのが、「音楽の父」と呼ばれるドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ様の作品。

バッハの作品は難しいと感じる人達が多いのも事実。
でも、バッハの作品の美しさに惹かれてやまない人 ...

ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第8番」プレリュード1小節め

ピアノを学ぶなら、いえ、西洋音楽を学ぶなら避けては通れないのが、バッハ様の作品。

バッハの作品は難しいと感じる人達が多いのも事実。
でも、バッハの作品の美しさに惹かれてやまない人たちが多いのも、また事実です。

アルペジオ,ピアノ奏法

どうしてなんだろう?

アルペジオとは、和音を分散させて弾くこと。
このアルペジオが、さして難しくなさそうなのに、意外と弾きにくいものが多いのはどうしてなんだろう?

「弾きにくいよね」とか「あれ、また音まちがえちゃった」で済ませてしまうと ...

音階・半音階,ピアノ奏法

音階とは、書いて字のごとく「音の階段」。

「ドレミファソラシド」というように、ひとつずつ音が上がっていったり降りていく音の動きのことを「音階」と言います。
一段とばしはナシね♬

さて、「ドレミファソラシ ...

演奏のための心の持ち方

どんなに頑張ってやっても、日々努力を積み重ねていても、意外と簡単に心は崩れやすいもの。

あなたはそんな経験ありませんか?

もうね、めっちゃ頑張ってつらい地道な練習を積み重ねてきたのに、先生からも「いいよ!」と言 ...

ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,ピアノ奏法

リスト「超絶技巧練習曲第10番」

ピアノを弾いていると、「ピアノの魔術師」と呼ばれているハンガリー出身の作曲家、フランツ・リスト様の作品に強いあこがれを抱く時が訪れるでしょう。

リスト様の作品もたくさんありますし、美しい曲・激しい曲など様々。

...