正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!

東京レッスン

ピアノを弾いていて、体がつらくなる事はありませんか?受講生さん方から伺うことの多いお悩みは、「腕がつらくなる」「気付くと息が止まっている」「両手で合わせると弾きにくい」といったものです。

そんな悩みを一緒に解き放って行きましょう。心も体もラクにしてピアノを弾いてみませんか?

レッスンのご予約は随時受け付けております。

ピアノを弾いていて、体がつらくなる事はありませんか?

受講生さん方から伺う事の多いお悩み、それが、以下のようなものです。

  1. 弾いていると、腕がつらくなる
    →身体をラクに使って弾く方法が知りたい
  2. 気付くと息が止まっている
    →どのように呼吸をしたらいいのか、わからない
  3. 両手で合わせると、とても弾きにくくなる
    →片手練習や、ゆっくり練習を重ねても、両手で合わせると、途端に弾きにくくなる。イン・テンポで弾くのはとても無理!

あなたは、このような事でお悩みではありませんか?東京レッスンでは、このようなお悩みを持っている方々に、「ラクに体を使う演奏法・ラクに体を使うための呼吸法」を体感して頂いております。

アルフレッド・コルトーと、ラヴェルの愛弟子ペルルミュテールに師事した我が師匠の下、研鑽を積んで来た荒井千裕が、あなたのお力になります。

お陰様で、たくさんの方々が、レッスンを受けに来て下さり、実際に、

  • とてもラクに弾けるようになった!
  • 無駄な動きがなくなった!
  • 演奏に推進力が出てきた!

といった効果を感じて頂いております。

今までレッスンを受講されたのは、こんな方々です

  • 各コンクールに挑戦し続けている小学生
  • 大人になってからピアノ学習を始め、効果的な楽譜の読み方や歌い方を知りたいと思っている方
  • コンクールや演奏会前のブラッシュアップに
  • バロック作品のアーティキュレイションや、解釈の仕方を知りたいと思っている方
  • 4期別の奏法の違いを知りたい方
  • 音の出し方・体の使い方を知りたい方
  • そもそも香港教室で毎週レッスンに通っておられ、帰国された方
  • 指導の仕方を知りたいピアノ講師の方
  • 師事している先生のご事情でしばらくレッスンがお休みという方

学生さんや、大人で仕事を持ちながらも、ご自身のピアノを精進しておられる方、ピアノ講師さん、ピアニストさんなど。関東のみならず、遠くは福岡、大阪、京都、三重、静岡、長野から、またフランスやアメリカに在住されている方々が、一時帰国の際にレッスンを受けに来てくださっています。感謝の気持ちでいっぱいです。

1307281

受講してくださった皆様のご感想をご紹介させて頂きます

千裕先生に教えていただいたことは、その時間以上の内容の濃さで、本当に感謝しております。

家に帰ってピアノを弾きましたら、これまでとは、別人のような演奏でした。
誰かが乗り移った?ような…そんな気もします。

良い意味で、必死そうな演奏から、少し客観的になれたのかな?とも思いました。
千裕先生にレッスンしていただき大きく変われた気がします。

 

レッスン有難うございました。

ただ弾くことから音楽的に弾くことに向き合う決心がついた、レッスンとなりました。

 

初めてお会いしたはずなのに、先生の温かいまなざしに何だか以前もお会いしたことがあるかのような気が致しました。
 
レッスンでは本当に沢山の事を学ばせて頂きました。
少し練習してみたのですが、格段に弾きやすくなり驚いております。

これから丁寧に練習していきたいと思います。(数日後、改めて)

自分の中で確実に手応えを感じております。エチュードもバラードも格段と弾きやすくなりました。

今までの自分のバッハの演奏はドタドタ弾くだけでしたが、ほんの少しだけ音楽が感じられるようになりました。

 

レッスン後の昨夕は、勇気を出して行ってみてよかったと、夫に感激のあまりしゃべり続けていました。

譜読みを細かく指導していただいたおかげで、先へ進んでいこうという気分になってきました。

 

あっという間にレッスンの時間が過ぎてしまい、もっともっと~!
という気持ちのまま終わってしまいました。。。最近悩みがちだった姿勢のこと、脱力のことが自分の納得いくかたちで解決できよかったです。
そして、本番に向けてのレベルアップ、モチベーションアップにとてもいい刺激になりました♪

 

アルペジオは塊で、というお話もブログにあったと記憶していますが、今日、指はあらかじめ用意しておいてご覧と言われて、あぁそういうことなんだ!とストンと腑に落ちました。

 

ブログやメルマガを拝見していて、何となくわかった気になっていること(実は分かっていないこと)や、これはどう弾けばいいんだろうと思っていたことを直接先生に教えて頂けるだけでも、私にとってはものすごく貴重でありがたい機会なんです。
例えば「次の音に向かっていく」
今まで幾度か拝見した記憶のある言葉でしたが、意識的な話だけを言われていた訳ではないんだと言うこと、今日よく分かりました。
本当に勉強になりました、ありがとうございます。

 

昨日のレッスンは、私にとって本当に万金の値でした。

私の身体の使い方について、どこかが違うとずっと疑っていました。
しかしわからず、誰も指摘をしてくれることもありませんでした。

先生のブログを拝見し、先生の発見を我が物として勉強させていただいているうち、荒井先生なら、私の身体を見破って(!)くださるのではと淡い期待を持っておりましたが、本当に、ピタリと!

感激で昨夜は興奮してワインを飲みすぎてしまいました!

あれからすぐに、肩の力を抜くため、呼吸法のDVDをみつけ、脱力の簡単なヨガの本を入手し、ピアノの前に座るのとは別の、自分自身の根幹に向き合っています。

これまでの希望から、薄皮がはがれたようで、希望自体が鮮度を持ってきました。

先生のご誠実な姿勢に、打たれました。
そして、ほとばしる情熱。
今後とも、どうぞご活躍ください。
先生のブログを拝見しながら、私も励んで参ります。

 

先生に教わったことを・・・

まずは肩の力を抜き、手首を回転させ、4小節ごとの3小節目の盛り上がりと、曲の流れの4分の3部分のピークを考えて弾いてみました・・・

すると、本を読んで眠りかけていたパートナーが驚いて起きて聴き入っていたのです!

「なにがあったんだ!香港の先生、すごいんだね!」

私は曲に推進力を感じまして、これまでとまったく違う感覚です。
この推進力こそ、私にまったく欠如していたものです。

本日のメルマガも、ラフマニノフでじっくりと練習します。
感謝をお伝えしたくてメールしました。

 

先生のブログやメルマガで、忘れかかっていたことや上手くいかないと思っていたことのヒントにいつも気付かされます。

そして先生のブログから、いつも元気をもらってます!!

とても弾けるようになる日が来ると思えなかった曲も、気付けば段々ラクに弾けるようになってきました。
いつもありがとうございます!

 

思い切って受けて本当に良かったです。
時間足りなさすぎ!

聴くってことをまだまだわかっていないとはいえ、ほんの少しだけでもわかったように感じました。

弾いているけどそうは聴こえていない。楽譜には書かれているけれど、その中でも何を一番聴かせたい(聴きたい)か、体の使い方、ペダルの効果的な使い方、無駄な動きを割ける指使い、また音符を区切りグループにして弾く練習方法など、さっそく復習してます。

テクニックだけでなく、無用な悩みや思い込みを払しょくしていただき、ピアノライフを楽しもうと感じました。

 

荒井先生、今日はレッスンありがとうございました!

さっそくツェルニー、今日教えていただいたことを復習してみました。

特に左手の小指を立たせる、という点は、ちょっと意識したら、曲の後半になっても前ほどガタガタ感を感じず、なめらかにいくようになりました!!!

あとはフレーズの終わりのところ…ここはまだ、意識できてるときと忘れているところとあるので、今回見てもらった曲に限らず、今後も意識していきたいです!

あとは、「今は階段を昇っている最中♪これ昇ったらもっとうまくなれる☆」って思うのも、大事なんですね。

今日は特に、いつも以上にレッスン行ってよかった!って思えました。

また明日から、頑張れそうです。

 

ピアノを弾く上でテクニックは当然必要ですが、私自身が楽譜を好奇心を持って見つめ、感じたり考えたりしたことを素直に表現して楽しむ気持ちを、まずは大切にしようと思いました。

間違いだらけの「皇帝」の最初を弾いただけで「言いたいことを沢山持ってる」と言って頂き、嬉しかったです。

周りの上手い人達の中で劣等感の塊になって、焦るばかりで、素直に曲やピアノに向かう気持ちを忘れてました。

気楽に楽しく弾くと、「黒鍵のエチュード」もスラスラ~と流れて行きました。
楽譜から感じたものがショパンの強弱と一致すると妙に嬉しかったり。

先生のレッスンで、技術は目的ではなく表現の手段なんだと気付き、子供の頃に戻ったみたいにピアノが楽しくなってます。

楽譜、音、指、体、五感を使って音楽を楽しみます!
メルマガで読んでわかったつもりでも、実践は実感がないと出来ないとしみじみ感じました。
先生にお会いできて本当に良かったです。

 

 小指の付け根は、親指の付け根の方から伸びていて、内側から持って行って弾く、とかルバートについて、等々、目からウロコでした。

だからと言ってすぐ身につくわけでもないので、反芻しながら試してます。

レッスンから帰ったら速攻ピアノを弾きました。
バッハも最後のところ、イロイロ試しています。
こういう風に考えながら弾くのは楽しいですね。

あとペダル。難しい。意識して少しずつです。

脱力も、温泉のツボを連想します。△△奏法も。

今日言われたことはもう一度試してみる。
忘れることの方が多いですから。
無理なくできる範囲でやっていきます。

 

 ピアノを弾く上でテクニックは当然必要ですが、私自身が楽譜を好奇心を持って見つめ、感じたり考えたりしたことを素直に表現して楽しむ気持ちを、まずは大切にしようと思いました。

間違いだらけの「皇帝」の最初を弾いただけで「言いたいことを沢山持ってる」と言って頂き、嬉しかったです。

周りの上手い人達の中で劣等感の塊になって、焦るばかりで、素直に曲やピアノに向かう気持ちを忘れてました。

気楽に楽しく弾くと、「黒鍵のエチュード」もスラスラ~と流れて行きました。
楽譜から感じたものがショパンの強弱と一致すると妙に嬉しかったり。

先生のレッスンで、技術は目的ではなく表現の手段なんだと気付き、子供の頃に戻ったみたいにピアノが楽しくなってます。
楽譜、音、指、体、五感を使って音楽を楽しみます!

メルマガで読んでわかったつもりでも、実践は実感がないと出来ないとしみじみ感じました。
先生にお会いできて本当に良かったです。

 

ブログに書いてくださった方のご紹介

・ピアニストの釜村亜紀さん

・megu先生

・アンダンテ先生

・高細千尋先生

・古塚真紀子先生

 

・なみき先生

もう一人、東京レッスンの最初からの常連の整体師、古屋くん

レッスンを受けて、一番、上達するのが早いのが、このタイプです。

  • すぐ復習する
  • それを録画してみる(客観的に自分を見てみる)
  • ブログ(か何か)に書いてアウトプットする

これらの事を、なるべく早くにする事が、一番、自分の中に確実に落とし込んで自分のものにするのが、早いのです。せっかく貴重な時間を割いて、レッスン代を払ってレッスンを受けるのですから、可能な限り、理解して身につけなければ、もったいないですね。レッスンに来ただけで、満足しないで欲しいと思います。

そして、千葉県茂原市の高細千尋先生

東京都世田谷区の、うえそのあつこ先生

結さん

このようなご感想をたくさん頂けて、私は本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

体と心に無理を強いずにピアノを弾く方法を知ってほしい

藝事を習得する、上達するというのは、簡単な事ではありません。たくさんの「時間」と「労力」と、楽器代やレッスン代などの「お金」がかかります。でも、「必死に努力する」事だけに焦点をあてて欲しくありません。

基本はきっちりおさえる必要がありますが、「体や心に無理を強いずに弾く方法」がある、ということを、知って頂きたいのです。

私たちが「ピアノを弾ける」ということは、とっても「幸せな事」です。そうあるべきです。ピアノを弾ける環境にあること、一つ一つ身に付けていけること、これらに感謝の気持ちと喜びを忘れないで欲しいのです。

そう思うだけで、もう、あなた様の音色は変わります。それを、あなた様に伝えるのが、わたくし荒井千裕の務めです。

あなたも、体も心もラクに、ピアノを弾けるようになりたいと思いませんか?

毎回レッスンを受けているのは、こんな方々

  • バッハ・ショパン他の作品など、時代の違う曲を同時に、あらゆる角度から見ていく
  • 4期別の奏法を学ぶ
  • 楽譜の読み方(アーティキュレイションやグルーピングの読み方)を学ぶ
  • 生徒さんへの指導法を学ぶ

このようなことを学びたいと思ったら、定期的にレッスンを受けることが、習得への近道ですね。

 レッスン時間とレッスン代について

レッスン時間とレッスン代は以下の通りです。

  • 50〜55分レッスン(1曲集中/2曲目ワンポイント):10.000円 +スタジオ代
  • 110〜115分レッスン(ソナタ全楽章/協奏曲/リサイタル前の流れを見る、など):18.000円 +スタジオ代

お支払いは当日現金で、もしくは事前銀行振込でお願いしております。

※ レッスンを受講されるのが初めての方は、ご予約後、レッスン代を銀行振込して頂きます。
入金の確認をもって、ご予約完了となります。

キャンセル・ポリシー

恐縮ながら、3日前からのキャンセルは不可(レッスン代全額をお支払い頂いています)。この場合は銀行振込でお支払い頂きます。

また、初めてレッスンを受講される方は、銀行振込にて前払いをお願いしております。
ご入金確認を持ちまして、ご予約完了となります。

万が一、キャンセルされる場合、4日前まででしたら手数料を差し引いた額を振込にて返金いたします。
3日前からのキャンセルでは返金は出来ません。

以上、ご理解下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

レッスンをご希望の方、気になる方、どうぞ遠慮なくご連絡くださいませ。

※ 頂きましたメール・メッセージには、必ずお返事致します。

携帯やスマートフォンの場合、パソコンからのメールが届かない方が多いようです。

私からのメールが届かないという方、chihiro@chihiropiano.com もしくはchihirohk@gmail.com からのメールを受け付けられるよう、設定して頂けますと幸いです。

こちらは海外のため、私からのメール送信に、日本の携帯のアドレスを使う事はできないのです。お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018年11月のレッスン受付中

現在、2018年11月のレッスンは以下の日程で受け付けております。

11月6日(火)、22日(木)23日(金)24日(土)25日(日)。

ご希望の方は、以下からお問合せ下さいませ。

48時間以内に、必ず!お返事致します。
もし、48時間以内に返信が届かない場合は、大変恐れ入りますが、

メールにて、chihiro@chihiropiano.com 荒井まで再度お送り頂けると嬉しいです♪

※ 携帯からメールをお寄せくださる方へ、お願いです。

PCメールの受信が受信可能になっていない場合、「chihiro@chihiropiano.com」と「chihirohk@gmail.com」を「ドメイン指定受信」に設定してください。

この設定をして頂きませんと、こちらからのご案内メールは届きません。よろしくお願いします。

初めましての あなた様も、どうぞ遠慮なくお問い合わせくださいね。

あなた様が、気持ち良くラクに身体を使って幸せに満ちた中でピアノ演奏が出来る事を、心からお祈りしております。

荒井千裕 拝

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。