先週の日本は予定(予想?)より大分早くに桜が咲き、そして桜が咲いたのに雪が降るという不思議なお天気でしたね。

春の訪れを喜ぶも突然の寒さに、体もついていくのが大変ですが、桜も目の玉が飛び出るほど驚いていることでしょうね(桜の目玉はどこにある?なんて聞かないで下さいね)。

春の訪れと言えばメンデルスゾーン「春の歌」

そして春の訪れと言えばこの曲です。

フェリックス・メンデルスゾーン(1809−1847)はドイツ・ロマン派の作曲家。
ざっくり言えば、「ボンボンの音楽家」や〜というトコロですが、38年の短い生涯にはいろいろありました。

この本の紹介はまた改めますが、この本はとっても面白いし読みやすいの!メンデルスゾーンさまに興味がありましたら是非お手にとって読んでみることをオススメします!

「春の歌」ってこんな曲です

それでメンデルスゾーンの「春の歌」ですが、「無言歌集」に収録されています。

春の風に乗って、気ままにどこかへ行きたいものです。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク