あなたはポーランドと言うと、何を思い浮かべますか?ポーランド出身の作曲家と言ったら?ショパン?それともモシュコフスキかしら?

えぇ、そうですね。他にもポーランド出身の作曲家さんはいますが、今日はシマノフスキさんとその作品を1つご紹介しましょう。

ポーランドの作曲家カロル・シマノフスキ

あら、なかなかのイケメン♪ダンディですねぇ。こんな瞳で語りかけられたら失神してしまいそう・・・あ、失礼しました(笑)。

ポーランドの作曲家シマノフスキさんってどんな人?

まずはポーランドを代表する作曲家の1人、シマノフスキさんについて簡単にお話しましょう。

カロル・マチエイ・シマノフスキKarol Maciej Szymanowski)さんは、1882年10月6日にロシアはウクライナのティモシュフカというところで生まれました。ポーランドの作曲家なのに、なんでロシアで生まれたかというと、それはポーランドの歴史を語る必要が出てきます。簡単に言うと1882年当時のポーランドはロシアに割譲されていたのです。1882年というのは日本で言うと明治15年のことです。

明治15年、日本ではどんな事があったかと言うと、上野動物園が開園したり板垣退助が遊説中に暴漢に襲われたり(岐阜事件)、東京の新橋ー日本橋ー浅草間の鉄道が開通したり、日本銀行開設・早稲田大学や駒澤大学が開校。

そんな1882年に生まれたシマノフスキさんは、ポーランド貴族の家庭に生まれました。シマノフスキ家4人の兄姉妹の3番目の子供。音楽を愛する家族の中、カロルは父からピアノの手ほどきを受けました。10歳で音楽学校に入学。

1918年にポーランドが独立を遂げると、シマノフスキ家はワルシャワへ移住しました。この頃からシマノフスキは祖国ポーランドの音楽に興味を持つようになったと言います。同じポーランド出身の作曲家ショパンは、ポーランド北部低地地方の民謡の影響を受けていたそうですが、シマノフスキはポーランド南部のタトラ山地の民謡(主に牧畜農民の民謡)から影響を受けました。

シマノフスキが「ポーランドの農民は芸術家に匹敵する」と語ったというエピソードが残っています。

シマノフスキの変奏曲Op.3

シマノフスキは交響曲を4曲、ヴァイオリン協奏曲を2曲、弦楽四重奏曲を2曲、オペラを2つ、そしてピアノ曲や歌曲を残しました。

ピアノ曲にはソナタ・練習曲・マズルカ・変奏曲などがあります。今日はシマノフスキのピアノ曲の中で、多分演奏されることが多いのではないかと思う「変奏曲」Op.3をお送りします。

シマノフスキの「変奏曲」Op.3は1903年に作曲され、1910年に出版されました。シマノフスキの「変奏曲」Op.3は、主題と12の変奏から成ります。変ロ短調。厳かな、ちょっと怖いような、でも何かが始まりそうな、何かが起こりそうな予感がする主題は、様々な性格に変奏されていきます。最後の第12変奏はフィナーレにふさわしく、豊かに盛り上がりを見せますが、弾き手にとっても技巧を要求されるだけではなく、音楽的に考えさせられる壮大な作品です。

お聴き苦しい点もありますが、宜しければお付き合い下さいませ。

シマノフスキ作曲「変奏曲」Op.3 
2011年10月15日 
香港シティ・ホールのリサイタル・ホールにて

最後にご案内です。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク