奇しくも?4月30日は、フランスを代表する二人の作曲家の二作品が初演された日….と言っても、世の中に作曲家も作品も数えきれない程あるのですから、そういう日もあるでしょう。

一つはクロード・ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」。そしてもう一曲がガブリエル・フォーレ作曲「ドリー組曲」が初演された日なのです。

ガブリエル・フォーレ

というわけで今日は、フォーレの「ドリー組曲」をご紹介しますね。

フランスの作曲家ガブリエル・フォーレ

ガブリエル・フォーレ、フランスの作曲家(1845-1924)。

フォーレのピアノ連弾作品に、「ドリー組曲」という、非常に愛に溢れた作品があります。私はこの組曲が大好き!今ままでにも何度も弾いてきました。

この「ドリー組曲」は、フォーレが出逢ったエンマ・バルダックという女性の娘、エレーヌのために作られたのです。何故、人様の子供のために?と思うでしょうか?

エレーヌの母エンマ・バルダックは声楽家でした。17歳で銀行家のシジスモン・バルダック氏と結婚し、ラウルとエレーヌという二人の子供に恵まれます。この子どもたちにピアノを教えていたのがドビュッシー。

なんとフォーレとドビュッシーの二人はエンマにプロポーズしたのです!するとエンマはバルダック氏と離婚して(きゃー劇的!)再婚相手に選んだのはドビュッシーでした。あら、フォーレかわいそうかも・・・?でもいろいろあったのでしょうね・・・と想像はご自由に。

そんなこんなでフォーレはエンマの娘エレーヌのために「ドリー組曲」というピアノ連弾作品を生み出しました。

ドリー組曲とは?

フォーレが生み出したピアノの連弾のための「ドリー組曲」は、6曲から成ります。

  1. 舟歌
  2. ミ・ア・ウ
  3. ドリーの庭
  4. キティ・ワルツ
  5. 優しさ
  6. スペインの踊り

エレーヌは1892年生まれ。

  • 第1曲は1893年の作曲
  • 第2曲は1894年
  • 第3曲は1895年
  • 第4曲と第5曲は1896年
  • 第6曲は1897年に、エレーヌの誕生日を祝して作曲されました。

組曲名の「ドリー」というのは、エレーヌの愛称。親しくしていた女性、エンマの娘へ贈った曲という事ですが、エレーヌはエンマとフォーレとの間に生まれた子供、という説もあります。….大人のお話ね。

初演は、1898年にアルフレッド・コルトーとエドゥアルト・リスラーによってされ、翌年コルトーによってピアノ独奏版が編曲されました。

では演奏をご紹介。

ピアノ動画*フォーレ「ドリー組曲」

第1曲から第3曲まで(「舟歌」「ミ・ア・ウ」「ドリーの庭」)

第4曲から第6曲まで(「キティ・ワルツ」「優しさ」「スペインの踊り」)

フォーレの「ドリー組曲」、独奏版でも連弾版でも是非、弾いてみて下さいね。愛にあふれる素敵な作品です。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク