正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!

生徒たちの演奏紹介

  • HOME »
  • 生徒たちの演奏紹介

香港・東京での生徒たちの演奏を紹介いたします。あなたが弾いてみたいな、という曲に出会えたら嬉しいです。

ドビュッシー「小組曲」連弾

フランスの作曲家クロード・ドビュッシー(1862-1918)の連弾のための「小組曲」は、1889年に作曲されました。4つの楽章から出来ています。

  1. 小舟にて
  2. 行列
  3. メヌエット
  4. バレエ

こちらは2007年の香港教室の発表会の映像です。第1楽章から第3楽章は、プリモ(高音域パート)は小・中学生が、セコンド(低音域パート)は彼らのママさんが担当。第4楽章は仲良し女子高生二人が演奏しています。

この動画の生徒たちは既に全員大人になりました。世界各国で活躍しています。

三枝隆「ピアノ作品集」

友人の作曲家、三枝(みえだ)隆氏の作品を生徒たちが演奏したダイジェストです。

  • スケート(4歳)
  • 迷いの森(5歳)
  • 陽気に行こう(5歳)
  • たんぽぽ・ふわふわ・わたぼうし(6歳)連弾

三枝隆さんの作品は、どれも響きがとても素敵で、想像力が掻き立てられます。香港教室の歴代の生徒たちも大好きでした。

作曲家 三枝隆さんのウェブサイトはこちらです。

三枝隆 ピアノ連弾「1音のファンタジー」

三枝隆さんによる、ピアノ学習初心者向けの「1音のファンタジー」の、全曲演奏初演。2012年の香港教室の発表会から。

プリモ(高音域)パートは、曲の始まりから終わりまで「1音のみ」の演奏です。

楽譜はこちらでお求めになれます。

無料メールマガジンのご案内

香港在住ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。