ピアノ奏法,楽譜の読み方,脱力,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸,スラー/レガート,ペダルの踏み方

ポップコーン美味しいよね

ピアノに限らず合唱・童謡でも有名な日本の作曲家、湯山昭先生(1932〜)。

小学3〜4年生の頃に習っていたピアノの先生から、バッハにショパンやシューベルトといった課題と一緒に与えられたのが、湯山昭先生の「お菓子の世界」「日 ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,呼吸,スラー/レガート

湯山昭「月曜日のソナチネ」

ピアノを弾くと言っても、ピアノの作品はこの世に数えきれないほどあります。自分で作曲したり、即興で弾けちゃうすごい人達もいますよね。

多分、この記事を読みにきてくれたあなたは、クラシック・ピアノが好きなんだと思います。だって ...

楽譜・書籍,音楽書

ピアノを弾くって楽しいですよね。音をポンと鳴らすだけでも、ほんと楽しい!

それなのに、曲を最初から最後まで通して弾けるようになったら、めちゃめちゃ達成感もあるし、やった!わたしすごい!って思っちゃいますよね。嬉しくてたまら ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方

イメージしてみよう!

ピアノを弾くには、「楽譜を読む力」「楽譜に書かれているとおりに弾く技術」が必要ですよね。

この2つはほとんどの人が理解しているだろうと思います。でもね、ピアノに限らずクラシック音楽を演奏する上で大事(というより必要)なのは ...

ピアノ奏法

ピアノを弾くのって、ホント楽しいですよね!嬉しいし幸せになる。

でもさぁ、ピアノを弾くのは楽しいのだけれど、大好きな曲でも弾いていると「あれ?どうやって表情をつけたらいいんだろう?」って、ちょっとわからないフレーズが出てく ...

ピアノ奏法,演奏のための心の持ち方,脱力

ピアノを弾いていると、暗譜で優雅に弾けたらなぁ・・・って思いませんか?そんな自分の姿を夢見ているのに、現実はピアノを前にしてオタオタし、不安に駆られ手足が震えている自分がいる(涙)。

そんな不安に駆られる要素のダントツ1位 ...

ピアノ奏法,打鍵法

ショパンと言えば、ピアノを愛する人達に圧倒的な人気のあるポーランドの作曲家。

1810年に生まれ、1849年に亡くなったフレデリック・フランソワ・ショパンは、「ピアノの詩人」と言われるにふさわしく、ピアノのための作品を多く ...

ピアノ奏法,暗譜法

ピアノを弾くのは大好きなんだけど、人前で暗譜で演奏するのって、怖くありませんか?

暗譜に困らない人もいますが、多くのピアノ弾きは暗譜と闘ってきたことでしょう。なんとなく練習を重ねていれば覚えてしまっていた子供時代の記憶力が ...