正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : エチュード

バトンの渡し方・拍の感じ方

● バトンの渡し方・拍の感じ方   確かに、4分の2拍子です。 2拍子なら、 「いちっ にっ |いちっ にっ 」 と、拍を取ります。確かに。 でも、「いち」と「に」は、 同じ強度なのかなぁ?   これ …

指先で音を聴く

● 指先で音を聴く   重音の中の、どれか1音を聴きたい/聴かせたい時、 どうするでしょうか?   ・聴きたい音を、頭の中で紡ぐ/聴く ・聴きたい音を、(頭の中ではなく)リアルで聴こうとする ・聴きた …

オクターブの動きも、腕の回転を使う

● オクターブの動きも、腕の回転を使う   こんな右手のオクターブ和音の動き。 外側の音で、「れーーみど」。 「れ」から「み」へ上がるのに、 その「み」から次は、「ど」へ降りる。 和音の中にも音があって、 それ …

リーダーは誰?

● リーダーは誰?   こんなフレーズ、 どこに注目するでしょうか? 右手の和音の中で、動いているライン? (和音の下の音の動き?) それとも、左手の8分音符のライン?   どっちも? はてさて、どち …

伸びる音を、聴く

● 伸びる音を、聴く   楽譜は、「縦」に読んではいけない。 何故なら、音楽とは、常に動いていく、 流れていくものだから。   縦割りの音になってしまうと、 流れていかない。 次の音へ繋がっていかない …

弾きにくいなら、ポジションを見直す

● 弾きにくいなら、ポジションを見直す   右手が二声になっています。   青い四角で囲ってあるところ。 二つありますが、そのどちらも、 内声の、はじめの2音の打鍵には問題がありません。 しかし、上声 …

小さい範囲でも、腕の回転を使う

● 小さい範囲でも、腕の回転を使う     この画像の右手のように、16分音符での動きの中で、 少々音程が離れている場合です。   それでも、跳躍する程ではありません。 人によりますが、手を …

音の行方を追う

● 音の行方を追う   右手も左手も、動きがあって、どこをどう追っていったらいいのか、 指が絡まらないように弾くだけで、精一杯・・・ ?   右手は16分3連符なので、3音ずつ捉えやすい。 と言うより …

重音スラーの意識の置き方

● 重音スラーの意識の置き方   画像の左手です。 2つの重音に、スラーが付いています。   ペダルの助けを借りて、響きのレガートにする方法もあるけれど、 基本を押さえておきましょ。   響 …

音域移動は、前もって「素早く」用意する

● 音域移動は、前もって「素早く」用意する   今日は、画像の右手のお話。   「・ファソ ソファソ ソファソ ソファソ」 と、音域を移動していきますね。   初めの「ファソ」は、多分に「2 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.