正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : オクターブ

ピアノで音程が離れているフレーズやオクターブ下降フレーズをラクに弾く方法

ピアノって楽しいのにめっちゃ弾きにくいフレーズがそこかしこに!もう、ムキー!ってなる時、ありませんか?あなた(作品)はなんて素直ではないのでしょう?なんてね。 そんなピアノで弾きにくいフレーズの中でも、音程が離れたりオク …

ピアノで脱力!腕の力が抜けている状態を知ってオクターブ・トレモロや跳躍もラクに弾こう!

どんなに気をつけてピアノを弾いていても、だんだん腕がしびれてくるような、重くなってくるような、大根おろしをやっちゃった後みたいな、そんな感覚になってしまう事はありませんか? 今日は、腕の力を抜けている状態を知って、程よく …

ピアノでオクターブが届かなくても出来る事はある!オクターブでの音階を弾く時のコツ

ピアノを弾いていくと、次第に和音が増え、それがオクターブへと広がっていきます。しかし身体が成長しても手が大きくなっても、オクターブが届かないことも。(逆もあります。手は小さくてもオクターブが届く人もいっぱいいます) さて …

ピアノは縦の動きをやめて回転を使う事でオクターブも脱力してラクに弾くコツ!

ピアノを弾く人なら誰でも一度は「脱力」について考えたり、弾いていると次第に手や腕がつらくなった経験があるのではないでしょうか? ピアノを弾くんだから、しょうがないよねって思っていませんか?音数の多い大曲なんだから、ある程 …

ピアノで両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法

ピアノを弾く上で難儀なことはいろいろ。そんな中でも、オクターブが続くフレーズは手の大小に関わらず大変だと感じられるものの一つでしょう。それがましてや両手でのオクターブ・フレーズとなれば、弾き方を間違えたら体がバリバリにな …

ピアノでオクターブを越えるアルペジオの練習法

ピアノを弾く上で弾きにくいものに、和音を崩して弾く分散和音=アルペジオがあります。そのアルペジオもオクターブを超え、例えば2オクターブや3オクターブといった音域を使ってのアルペジオになると、その弾きにくさや音を外す頻度は …

ピアノでオクターブ・トレモロを脱力して弾く方法

トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズをピアノで弾く時に、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きにくいと感じたことはありませんか? 「いや〜!手が辛い!しんどいんです!」そんな声を何度も聞きました。 こんなオ …

ピアノ奏法*オクターブ・フレーズの弾き方

わたし、手が小さいからピアノを弾いていてオクターブが厳しいんです。って思ったことありませんか? ピアノでオクターブが届くかどうかは、手の大小は関係ないんですよ。じゃ、何が関係するのかって?それは柔軟に広がる手かどうか?で …

ピアノでオクターブを越えるアルペジオは二の腕を使うとラクに弾ける!

ピアノでオクターブを超えるアルペジオを弾きにくい、なんかいつもうまく弾けない!と感じたことはありませんか? そうね、オクターブを超えるアルペジオって本当に弾きにくいし厄介だと思います。今日はそんなピアノでオクターブを超え …

ピアノは半音と全音の並びをうまく使うのがコツ

ピアノを弾いていると、音が上がっていったり下がっていく事の繰り返しでメロディが・フレーズが出来ていることに気付くでしょう。 この画像のように、音が上がっていくのもオクターブの動きだと特に弾く事(音を捉える事)だけでいっぱ …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.