正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : コツ

ピアノで同じ音がレガートで続く時に気をつけたいコツと保持音を聴き続ける方法

ピアノを弾くのは楽しいよね。大好きな曲を一生懸命練習して、少しずつでも弾けるようになっていく自分の変化を認められるのは喜びだもの。 さぁ、一生懸命頑張って弾けるようになるピアノ。せっかくだもの、ちょっとした事に気をつけて …

ピアノでオクターブが届かなくても出来る事はある!オクターブでの音階を弾く時のコツ

ピアノを弾いていくと、次第に和音が増え、それがオクターブへと広がっていきます。しかし身体が成長しても手が大きくなっても、オクターブが届かないことも。(逆もあります。手は小さくてもオクターブが届く人もいっぱいいます) さて …

ピアノで跳躍移動をラクにするコツとアルペジオをラクに弾くコツ

ピアノで跳躍って、音ははずれるわ弾きにくいわ。その上、テンポが速かったらもう本当に大変ですよね。そして、和音を崩して弾くアルペジオのフレーズも、なんだかしっくり手にはまらない感じがして弾きにくいの。 今日はそんなピアノで …

ピアノでうまく弾けない時のコツと和音を限りなくレガートで弾く方法

何だかうまく弾けない、何度ピアノの練習をしてもうまく弾けない、レガートで弾いているつもりなのにレガートに聴こえない、そんな経験はありませんか? どうしたらピアノを思うようにきれいに弾けるようになるのかは、ちょっとした意識 …

ピアノでバランス良く聴かせるコツと音価が長くなっていく時のポイント

あなたがピアノを弾く時に、気付いたら一生懸命になっちゃってる時って、どんな時でしょうか?思い起こしてみて下さいね。 もしかしたら…音がいっぱいあるパッセージを弾いている時?それとも、声部が多く絡み合っている時 …

ピアノで欲しい音は弾く前に聴くのがコツ!響きを想像すると音が豊かになる!

あなたには、ピアノで欲しい音・聴かせたい音がある。それなのに、あなたが欲しい音がちゃんと出ているかどうかわからない? あなたが欲しい音が出ているのかどうかわからないなら、あなたが実際に音を出す前に、あなたが欲しいその音を …

ピアノで和音を弾く時の手の形と装飾音の弾き方のポイント

学校が始まったら(新学期・新年度が始まったら)途端に学校や仕事のことで手一杯・余裕がなくなってしまうのは子供も大人も同じではないでしょうか。 そんな余裕がなくなる前は理解して出来ていた事が、途端に何もなかったかのように元 …

丸投げ体質を捨てて成功体質へ変わるコツ

あなたは丸投げ体質にいなってはいませんか? 丸投げ体質ってね、自分で調べたり考えたりしないで最初から人に丸投げして聞いちゃう。人の時間を安易に奪うことをなんとも思っていない人のことです。って書いちゃうと、うわっ!ひどっ! …

どこに向かっていくのかを知り、ピアノでアルペジオ・フレーズを弾きやすくするコツ

ピアノを弾いているうちに、どこに向かっているのか・何をどう歌いたいのか、わからなくことはありませんか? 何をしたらいいのかわからなくなるのを、どうしたら防げるのか。どうしたら理解できるのでしょうか? スポンサーリンク ‌

ピアノで両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法

ピアノを弾く上で難儀なことはいろいろ。そんな中でも、オクターブが続くフレーズは手の大小に関わらず大変だと感じられるものの一つでしょう。それがましてや両手でのオクターブ・フレーズとなれば、弾き方を間違えたら体がバリバリにな …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.