正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ショパン

ピアノを弾くならシューベルトからリストまで前期ロマン派について知っておこう!

随分前に発刊された本を読み直しました。その名も「クラシックのあゆみ2、前期ロマン派の音楽 <シューベルトからリストまで」という岩井宏之氏の著です。 シューベルトもショパンもリストも、普通にピアノ・レッスンをしていれ …

ピアノとことばの花綴り2019ピアノ・リサイタル終了報告

何からお話致しましょうか?・・・お陰様で今年2019年も、ピアノ・リサイタルを開催させて頂きました。 今年はあまりに目まぐるしく環境やら状況が変わっていく中、あっという間に迎えた本番。あまりに周りに変化がありすぎて記憶が …

2019荒井千裕ピアノ・リサイタルは舞曲とロマン派に焦点を当ててお送りします!

たくさんの方々のお力を頂きまして、お陰様で今年もピアノ・リサイタルを開催させていただく運びとなりました。 この画像の通り、今回はピアノで弾く「舞曲」と「ロマン派」の4人の作曲家に焦点を当ててお送りしますよ。いよいよ3週間 …

今年も開催!荒井千裕ピアノ・リサイタル2019*舞曲とロマン派4人の作品を織り合わせて

今年2019年も、ありがたいことにピアノ・リサイタルをさせて頂く事となりました。 って、もうずいぶん前に決まっていて、2ヶ月ほど前にも1回だけブログでご案内記事を書いてそれっきりに。いや別に忘れていたわけではありませんよ …

荒井千裕ピアノ・リサイタル2019*ピアノとことばの花綴り〜舞曲とロマン派を織り合わせて〜

お陰様で2019年もピアノ・リサイタルを開催させて頂く事となりました。 今回のピアノ・リサイタルはどんなものになるのか、いつどこで開催するのか、ご案内致します。 スポンサーリンク ‌

ロマン派の作曲家別演奏法を知ってピアノの表現力を高めよう!

あなたはピアノを弾いた後に「それはショパンじゃない」と言われた事はありませんか?筆者はあります。それはショパンじゃない?じゃ、ショパンの弾き方ってどんなものなの?他の作曲家とどう違うの?と思ったものです。しかし、当時の先 …

ピアノでの効果的なクレッシェンドのかけ方

あなたは「クレッシェンド(cresc.)」という指示を見たら、どうしていますか? クレッシェンドの意味は音楽をやる人なら、知らない人はいないでしょう。そう、クレッシェンドは「だんだん大きく(強く)」という意味ですね。でも …

休符や打鍵の間(ま)を考えてピアノの表現力を高めよう!

あなたはピアノを弾いている時に楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができ …

ピアノで連符は速く弾かねばの先入観を捨てる!トリルと連符は頑張らないとキレイになる!

3連符、5連符、7連符・・・8分音符から16分音符へ、そして32分音符へと音価が短くなっていくと、それぞれの音の長さは短くなります。すると、あなたはピアノを弾く時に「いっぱい音符があるから速く弾かなきゃいけない!速く音を …

ピアノで同じ音が続く時の弾き方を考えると表現が輝く!

ピアノで同音連打を弾くのって、同じ音が続くからラッキー? でもね、同じ音が続くのはどうしてなんだろう?何か意味があるのだろうか?同じ音が続く時に指を替えなきゃいけないのはどうして?絶対替えなきゃだめ? 今日はそんな、ピア …

1 2 3 8 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.