正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ショパン

ロマン派の作曲家別演奏法を知ってピアノの表現力を高めよう!

あなたはピアノを弾いた後に「それはショパンじゃない」と言われた事はありませんか?筆者はあります。それはショパンじゃない?じゃ、ショパンの弾き方ってどんなものなの?他の作曲家とどう違うの?と思ったものです。しかし、当時の先 …

効果的なクレッシェンドのかけ方

あなたは「クレッシェンド(cresc.)」という指示を見たら、どうしていますか? クレッシェンドの意味は音楽をやる人なら、知らない人はいないでしょう。そう、クレッシェンドは「だんだん大きく(強く)」という意味ですね。でも …

休符や打鍵の間(ま)を考えて表現力を高めよう!

あなたは楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができるでしょうか?そんな事 …

ピアノで連符は速く弾かねばの先入観を捨てる!トリルと連符は頑張らないとキレイになる!

3連符、5連符、7連符・・・8分音符から16分音符へ、そして32分音符へと音価が短くなっていくと、それぞれの音の長さは短くなります。すると、「いっぱい音符があるから速く弾かなきゃいけない!速く音を入れなきゃならない!」と …

音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって、音価の長い音符に限らないんですよ。そしてやっぱり呼吸を合わせるととっても自然に味わえますよ。 では音の伸びをどう味わうか?イメージをどう持つか?について、例を …

ピアノで同じ音が続く時の弾き方を考えると表現が輝く!

ピアノで同音連打を弾くのって、同じ音が続くからラッキー? でもね、同じ音が続くのはどうしてなんだろう?何か意味があるのだろうか?同じ音が続く時に指を替えなきゃいけないのはどうして?絶対替えなきゃだめ? 今日はそんな、ピア …

何調か理解すれば弾きやすくなる!覚えやすくなる!

あなたが今弾いているその曲、そのフレーズは「何調」か知っていますか?曲の途中で「調号(#や♭の付き方)」が変わる=転調することがありますが、何調に変わったのかわかって弾いていますか? 今弾いているのは何調なのかを理解する …

「閉じて開く」動きに気をつける

● 「閉じて開く」動きに気をつける   画像の右手、 1小節目第2拍の16分音符は、 手の形が「閉じていく」動きです。 ところが2小節目の第1音では、 閉じてきた手を 「開く」コトになります。   「 …

目的地を知る

● 目的地を知る   それぞれの音を掴むコトで、 いっぱいいっぱいになってしまったり、 それぞれの音を「気持ちいー!」  とグッ! ときているうちに、 気づいたら「フォルテシモ」に到達してた! あれっ!?いきな …

オクターブの動きは、頑張らない

● オクターブの動きは、頑張らない   この曲の、左手オクターブにはホント、 泣かされると思います。 これは、まだ序盤です。 しかし中間部には、 ごっついオクターブ・フレーズが待ち受けています。 ここで「シニソ …

1 2 3 9 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.