ピアノ奏法

モーツァルト「ロンド」ニ長調から

あなたは「スタッカート」の意味を、どのように理解していますか?

私の所にレッスンに見えた大人の生徒さんの殆どが、こう答えました。
「スタッカートは、はねる!」

うん、イメージとしては、わかるんだけどね。 ...

打鍵法,ピアノ奏法

ベートーヴェン「悲愴ソナタ」第2楽章から

ピアノは、鍵盤をポンと押せば(落とせば)音が出ますよね。
その上、調律してあれば音の狂いが気になる事もないでしょう。

だから、無頓着になりやすいのが、ピアノの「打鍵」。
あなたは「どう打鍵するか?」「どう離 ...

イメージの持ち方,スラー/レガート,ピアノ奏法

ピアノは右手と左手で別の事をやりますよね。
同じ一つの曲を演奏するのに、右手と左手ではリズムも違うし音も違っていたり。音が進んでいく方向も違ったりね。その上、足はペダルを使ったりしてきゃー大変!

右手がスタッカート ...

ピアノ奏法,打鍵法

ギロック「魔法の木」から

スタッカートって「短く切る」とか「はねる」とか習いましたか?

音を切り分ける、とも言います。それはスタッカートの「意味」。

じゃあ実際はどうなの?どう弾くの?という事を考えてみましょう。

そもそもス ...

打鍵法,ピアノ奏法

もしスタッカートがなかったら?

ピアノを弾く上で、実は重要なのだけど軽視されやすいものは、何だと思いますか?それは、「スタッカートの弾き方/奏法」への意識です。

スタッカートの記号が音符に付いているのを見ると、あなたはその音をどのように弾くでしょうか?短 ...

スラー/レガート,楽譜の読み方,音階・半音階,ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

もやっと

どんな曲と向き合う時も、譜読みに苦労し、技術が足りないと嘆きながら練習を積む。

たくさん練習を重ねた後に、ようやく「こんな感じの音楽かな?」というのが見えてきたり、理解できないフレーズにモヤモヤさせられたりしませんか?

打鍵法,スラー/レガート,ピアノ奏法

スラーとスタッカート、それは日常的によく見ているもの。

そう、スラーとスタッカートは、ピアノに限らず音楽の勉強(演奏法)を始めると、普通に出てくる演奏法。
誰もが知る、一見なんてことない奏法かもしれません。 ...

同音連打,スラー/レガート,ピアノ奏法

ピアノ奏法・テクニックにはいろいろなものがあります。
音と音をつなげるスラーや、音と音を切り離すスタッカートも、それぞれの弾き方・奏法は1つではありません。

今日は、あなたの演奏をもっと音楽的にするために、ピアノで ...