正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : スラー

ピアノで弾くスラーとスタッカート奏法を考える

ピアノ奏法・テクニックにはいろいろなものがあります。音と音をつなげるスラーや、音と音を切り離すスタッカートも、それぞれの弾き方・奏法は1つではありません。 今日は、ピアノで弾く様々なスラーやスタッカートの奏法・弾き方・捉 …

効果的な打鍵法を知っておこう!ピアノでスラーとスタッカートの弾き方を考える

スラーとスタッカートは、ピアノに限らず音楽の勉強(演奏法)を始めると、普通に出てくる演奏法。誰もが知る一見なんてことない奏法かもしれません。 もしかしたら、大して問題なさそうに見えてしまうからいけないのかもしれません。問 …

小節にまたがるスラーで注意する事と同じ音でピアノの音色を変えたい時にしたらいい事

小節をまたがるスラーはよく出てきますから、あなたがピアノを弾く時、もしかしたらあまり気にも留めていないかもしれません。でもね、ピアノでは右手と左手で同じ動きをする事も多いですよね。例えば右手がスラーで左手がスタッカート …

ピアノで欲しい音を想像して創造する!そしてスラーを正しく捉える!

あなたはピアノで自分が欲しい音が思うように出てこないと苦々しく思うことはありませんか?ん?もしかしたらピアノの「欲しい音」のイメージがないまま弾いているかも? 「その中の音をつなげて弾きましょうね」や「これが1つのフレー …

ピアノ上達への一歩!意識をスラーの終わりに向けるとキレイに!テヌートの意味を考えよう!

楽譜にスラーが書かれているのは何となく目に入る。あぁここから繋がりが始まるんだなと思ったり、ここから1つのフレーズが始まるんだと認識するでしょう。 では、スラーの終わりについてはどうでしょうか?あなたはピアノを弾く時、ス …

スラーの変わり目とピアノ演奏の跳躍で気を付けたいコト

ピアノを弾く時、スラーがどのように付いているかは一応チェックするけれど、スラーの変わり目を意識しているでしょうか? 音の跳躍で手が広範囲に渡って動く時、「ひぃっ!大変!忙しい!間に合わないぃぃ!」とパニックになっていませ …

ピアノの2音間スラーで気を付けたいコト

ピアノで音を繋げてなめらかに弾きましょう・一息に弾きましょうの「スラー」は、よく見る演奏記号の1つだと思います。 今日はその「スラー」の付き方のお話。あなたがピアノを弾く時、「スラー」がどの音から始まってどの音でスラーが …

2音間スラーは、動きも呼吸も一つ

● 2音間スラーは、動きも呼吸も一つ   今日は、左手のお話。 4分休符を受けて、単音「れ」から オクターブ「そ」へ。 その繰り返し。 オクターブ「そ」は、拍頭ではありますが、 ちょっとだけ、気をつけたらいいな …

ピアノでのスラーの終わりは、息を吐く加減

ピアノを弾くには、呼吸を意識しなくてもいい。だけど、呼吸しなくても音が出るからと言って、指だけ動かしていたら、あなたの内なるものは音に乗って現れるのだろうか? ピアノでスラーの終わりを表すにはどうしたらいいのかしら?そん …

1スラーは一息

● 1スラーは一息で   右手と左手が「2対3」なので、 合わせる事に意識が重く置かれがちでしょうか。   合わせる事が難儀でなくなったら、 是非、スラーの付き方に注目してみましょう。 スラー1つで、 …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.