ピアノ奏法

ピアノを弾く指

ピアノを弾くには、いろんな事を考えたり、基本を大事にしないといけなかったり。あ、ピアノに限りませんね。

その大事にしなければいけない事の中に「指づかい」があります。でも、本当に「指づかい」って大事なの?って思う人達も多そう ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

船出

フランスを代表する作曲家の1人、クロード・アシル・ドビュッシー(1862-1918)。印象派の作曲家と言われています(本人はそう言われることを嫌がっていたそうですが)。

ドビュッシーのピアノ曲には、「月の光」や「亜麻色の髪 ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸

お人形

とっても楽しい曲、大好きな曲をピアノで弾くのは、心が浮足立つような幸せな時間です。

音にするだけで、ウキウキしてしまう感覚は不思議ですよね。でも、自己満足で終わっていないかなぁ?もしかしたら、いろんな事を勘違いしたり間違え ...

ピアノ奏法,打鍵法

フォルテ記号

あなたはピアノでフォルテ(f)を弾く時、どんな風に弾いているでしょうか?

フォルテの意味は「強く」ですが、単純に音を「強く」弾けば良いのかなぁ?強い音にもいろいろあるんじゃないかしら?

フォルテは「強い」ではな ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ドビュッシー「映像第1集」”運動”

「水の反映/水に映る影」が収録されているドビュッシーの「映像第1集」は、3曲から出来ています。

第1曲が「水の反映/水に映る影」、第2曲は「ラモーを讃えて/ラモー礼賛」、そして第3曲が「運動」「動き」と訳されている作品です ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ドビュッシー「ラモーを讃えて」

「ラモーへのオマージュ」、「ラモーを讃えて」とか「ラモー礼讃」とか訳されることもあるこの曲は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーによる「映像第1集」の第2曲として作られました。

フランスの代表的なバロック音楽の作曲家「 ...

楽譜・書籍,音楽書

ドビュッシーの作品が好きなあなた、今ドビュッシーの作品と向き合っているあなた。せっかくドビュッシーの作品をピアノで弾くなら、あなたの演奏力・表現力をもっと上げたいと思いませんか?

あなたの表現力を増幅させるために、是非ドビ ...

ピアノ奏法,打鍵法

アクセントの記号(>)を見ると、つい強気に出てしまいませんか?

アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょう。「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのかなぁ?と考え始めたら弾けなくなって ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

ドビュッシー「アラベスク第2番」から

スタッカートが書かれているから短くはねる?

同じフレーズが繰り返されているから、あ!カンタン?

そうね、そんなに難しい事ではないかもしれません。でもね、もしかしたら思い込みに支配されていないかしら?

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ドビュッシー「アラベスク第1番」から

ピアノを弾くのって、大好き!って思っていても、練習するのは実際大変ですよね。

だって、譜読みするだけでもなかなか時間がかかる事でしょ?譜読みだって、読み落としは結構あるある(レッスンで指摘されるのは大抵、譜読みの間違いだっ ...