楽譜・書籍,音楽書

ピアノ学習者なら、割けて通るのはむずかしいバッハ。

中にはバッハと聞くだけでパタッと楽譜を閉じて見なかったことにしちゃう学習者も少なくありません。

もしかしたら、私たちは大事なことを見落としているかもしれません ...

ピアノ奏法

ピアノは大好きなんだけど、「メロディと伴奏」というパターンでは出来ていない曲があるでしょ?あれ、わっかんないんだよね〜、あれ、なんだろね?どうしたらいいんだろう?って頭こんがらがっちゃうの。

って思っているあなた。もしや、 ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方

バッハは他の作曲家の作品を弾く「基礎」となる、なんて言われることもあるようです。

そうね。私も大人になってからベートーヴェンやシューマンの作品と向き合っていた時に、「あ、もう一度ちゃんとバッハと向き合わないといけない」と気 ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ「インヴェンション」

ピアノ弾きじゃなくても、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)様の名前を知らぬ人はいないのでは?というくらい有名というか、作曲家の中でも別格の存在。

バッハは鍵盤楽器のためにたくさんの作品を残しており、中でも ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,呼吸

バッハ「インヴェンション」

偉大なる作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)。バッハの作品は、私達バッハ好きにはたまらない魅力にあふれており、また勉強欲をかきたてさせられるものばかり。その勉強は、何度繰り返しても新しい発見がありワクワクします ...

楽譜・書籍,音楽書

ピアノに限らずクラシック音楽をやっていると、いつか必ず目の前に現れる大作曲家がいる。彼こそがヨハン・ゼバスティアン・バッハだ。

あなたにも見覚えがあるでしょう。学校の音楽室にあった肖像画を。この肖像画ばかりが使われることが ...

ピアノ奏法

ピアノを弾いていてお悩みはいろいろあれど、「手が小さいの」とか「手が広がらないの」というお声はよく届きます。

私も手は小さい方ですからね(体は大きいのですが、体の大きさに比べると手足はビックリ!な小ささですの。あ、私のこと ...

ピアノ奏法,アルペジオ

ピアノの演奏法の中で、大変だとか弾きにくいと感じるものの一つに「アルペジオ」が上げられるでしょう。

アルペジオとは日本語で「分散和音」と言います。書いて字のごとく、和音を崩して弾くのがアルペジオ。ではその弾きにくいアルペジ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ作曲の「パルティータ」は、「6つのパルティータ」として鍵盤楽器(クラヴィーア)のために作られました。

6曲のパルティータは、どれも素晴らしい作品ですが、この記事では「パルティータ第2番BWV826ハ短調」に焦点を絞り ...

レッスンから

ピアノ学習を始めて、順調に進んでいくとやがて訪れるバッハ作品との出会い。

ドイツの作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ様は偉大だし、作品はとても素晴らしいもので溢れています。それなのにいざピアノで向き合うと、うは何これ?わ ...