ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ「平均律第2巻第8番」フーガ7小節目

ピアノを学ぶなら避けては通れないのが、「音楽の父」と呼ばれるドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ様の作品。

バッハの作品は難しいと感じる人達が多いのも事実。
でも、バッハの作品の美しさに惹かれてやまない人 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ「平均律第2巻第8番」プレリュード1小節め

ピアノを学ぶなら、いえ、西洋音楽を学ぶなら避けては通れないのが、バッハ様の作品。

バッハの作品は難しいと感じる人達が多いのも事実。
でも、バッハの作品の美しさに惹かれてやまない人たちが多いのも、また事実です。

ピアノ奏法,アルペジオ

どうしてなんだろう?

アルペジオとは、和音を分散させて弾くこと。
このアルペジオが、さして難しくなさそうなのに、意外と弾きにくいものが多いのはどうしてなんだろう?

「弾きにくいよね」とか「あれ、また音まちがえちゃった」で済ませてしまうと ...

ピアノ奏法,音階・半音階

音階とは、書いて字のごとく「音の階段」。

「ドレミファソラシド」というように、ひとつずつ音が上がっていったり降りていく音の動きのことを「音階」と言います。
一段とばしはナシね♬

さて、「ドレミファソラシ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

リスト「超絶技巧練習曲第10番」

ピアノを弾いていると、「ピアノの魔術師」と呼ばれているハンガリー出身の作曲家、フランツ・リスト様の作品に強いあこがれを抱く時が訪れるでしょう。

リスト様の作品もたくさんありますし、美しい曲・激しい曲など様々。

...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

バッハ「平均律第1巻第21番」フーガ1〜2・5〜6小節目

ピアノを学ぶ、こと、クラシック音楽/西洋音楽を学ぶなら、代表する作曲家にヨハン・ゼアスティアン・バッハ様を外す事は出来ないでしょう。

バッハの作品はとても興味深く、実に学び甲斐があります。

バッハはどの作品をと ...

ピアノ奏法,音階・半音階

長いフレーズは、その中で音の向かい方を小さく自然に捉えていくと、「大きな流れ」が生まれます。

ピアノを弾く上で忘れてほしくないポイントの1つが「フレーズのとり方」。
言い換えれば「グルーピング」。
フレーズ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

バッハ「平均律第1巻第21番」プレリュード

ピアノと言えば、というよりも、クラシック音楽/西洋音楽を代表する作曲家と言えば、まずはヨハン・ゼアスティアン・バッハ様があげられるのではないでしょうか?

バッハの作品はとても面白く(面白がってるわけではなく)、実に学び甲斐 ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方

7月15日は、作曲家カール・チェルニーの命日です。
ピアノ学習者のための練習曲をいっぱい書いた作曲家チェルニーさん(ツェルニーさん)と言えば、ピアノ関係者なら知らない人はいないのではないか?というくらい、「練習曲の人」として有 ...

曲の紹介

フランスの作曲家ドビュッシー

フランスを代表する作曲家の一人に、クロード・ドビュッシー(1862-1918)。

ドビュッシーは、ピアノを愛する人たちが好んで演奏している作品をたくさん生み出しました。

ドビュッシーの、ピアノ曲での代表作と言っ ...