ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第5番」フーガ

バッハの作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。
バッハの作品は、楽譜を深読みするのも、はじめのうちは大変でしょう。

でもね、トレーニングと同じです。 何度も向き合っている事で、段々と理解出来る ...

ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第5番」プレリュードから

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡単に弾けるものではないのがネック?
楽譜を深読みするのも、はじめのうちは大変でしょう ...

ピアノ奏法

あなたはどうやって、あなたが出す音を聴いていますか?

この質問はやや愚問と思われるかもしれません。
だって、あなたは「聞いている」。
あなたは、自身が弾いている音/音楽が「聞こえている」から。

...

ピアノ奏法

4分音符は1拍伸ばすと習ったでしょう。
音の長さだけで考えればそれは正しい事ですね。

でも実際に音楽を奏でる上で、4分音符がそこにある意味は何なのだろう?
その音にアクセントが付いている意味は? ...

ピアノ奏法

ドビュッシー「ピアノのために」より”トッカータ”から

ピアノを弾く上で、あなたが「難しい」と感じる事は、何ですか?

譜読みをすること?
それとも指が動くようになること?
どう表現したらいいか?かしら。それとも暗譜?

そうね、どれも大事でどれも大変で ...

曲の紹介

いろんな事があった2020年、そして2021年。

日本のみならず、世界中の人達の生活・日常を一変させてしまった「コロナ・ウィルス」。
コロナが収まるめどもなく、拡大の一途をたどって2020年を終え2021年を迎えま ...

スラー/レガート,ピアノ奏法

小節をまたがるスラーはよく出てきますから、あなたがピアノを弾く時、もしかしたらあまり気にも留めていないかもしれません。

でもね、ピアノでは右手と左手で同じ動きをする事も多いですよね。
例えば右手がスラーで左手がス ...

音階・半音階,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート,ピアノ奏法

リスト「軽やかさ」から

「軽やかさ」とは、ハンガリー出身のロマン派の作曲家、フランツ・リスト(1811-1886)によって作曲されたピアノ曲。

リストの「軽やかさ」は、「3つの演奏会用練習曲」の第2曲として収録されています。第1曲は「悲しみ」、第 ...

ピアノ奏法,音階・半音階,打鍵法

ブルクミュラー「進歩」から

同じメロディを両手で同時に弾くことを「ユニゾン」と言います。
(アンサンブルなら、違う楽器同士が同じメロディを奏でること。)

ピアノを弾く上で、このユニゾンは結構「やっかい」な部類に入るでしょう。

何せ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様は、後世の私達にたくさんの素晴らしい作品を遺してくださいました。

そんなバッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡 ...