正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : フレーズ

ピアノで、フレーズや歌をキレイに伝える方法

ピアノを弾く上で困ること・悩ましいことは、技術(テクニック)をはじめ、楽譜(作品)の理解など、いろいろありますよね。 そんな中でも、フレーズがどのようになっているのかわからない・どう歌ったらいいかわからない・歌っているつ …

ピアノで音程が離れているフレーズやオクターブ下降フレーズをラクに弾く方法

ピアノって楽しいのにめっちゃ弾きにくいフレーズがそこかしこに!もう、ムキー!ってなる時、ありませんか?あなた(作品)はなんて素直ではないのでしょう?なんてね。 そんなピアノで弾きにくいフレーズの中でも、音程が離れたりオク …

ピアノは打鍵準備とフレーズ終わりのスタッカートに意識を置けばキレイに弾ける!

ピアノを弾くには、「先に打鍵の準備をいかに出来るか?」で回避できること、そして確実に出来る事はグンと増えます。あなたも「準備しておく!」と言われた事はありませんか? 準備をするのは、わかるような気がする。でもわたしは準備 …

ピアノでのフレーズの捉え方とフォルテシモからのクレッシェンドの掛け方について

あなたはピアノに向かっている時、フレーズって、どうやって捉えたらいいんだろう?と疑問に思うことはありませんか? 既にフォルテシモなのに、そこから更にクレッシェンドってどうしたらいいの?もうこれ以上大きく(強く)出来ません …

フレーズ・表現の三段階活用とその先のピアノの音を事前に聴くのが表現力を上げるコツ

ピアノを弾く上で(音楽をやる上で)、表現の三段階活用というのがあります。あなたも同じようなフレーズが何回も繰り返される作品に出会ったことがあるでしょう。そんな時、あなたはどう演奏しますか?どう表現するのでしょう。 フレー …

多声フレーズやピアノでの両手別の動きが分断されないよう意識する事のススメ

ピアノは右手と左手で違う動きをしなければなりませんよね。もし同じメロディを両手で弾くとしても(ユニゾンだとしても)使う指は違います。 そんな両手別の動きや片手に二声の動きがある場合、頭の中がこんがらがってしまいますよね。 …

音楽上の三段階活用とピアノ演奏が生きてくるオーケストレーションとは?

楽曲には、似たようなフレーズが3回続けて出てくることがあります。そんな時、あなたは何か変化をつけて演奏することを意識しているでしょうか? フレーズが発展していく時、もしもこのフレーズを演奏するのが他の楽器だったら?という …

歌を、追いかける

● 歌を、追いかける   歌は、どこにあるだろう? 見てわかる歌、 注意して見ないと、見落とすような歌も、  あるかもしれない。 歌の始まりは、どこなんだろう? どんな風に、歌われて(歌って)いくのだろう? ど …

御礼*8月の東京レッスン

● 8月の東京レッスン終了   お陰様で、8月の東京レッスンを全て終了致しました。 レッスンにいらして下さった皆様に、 厚く御礼申し上げます。 昨日のバッハ講座にも参加して下さった方も居て、 昨日の学びを活用出 …

指に任せて弾く?音を聴く?

● 指に任せて弾く?音を聴く?     こんなフレーズ。 テンポがブレやすい人の特徴は、 こんなフレーズにあります。   音価の短い音符が続いてきて、 音価の長い音符が出ると、 1拍が短くな …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.