正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ブラームス

捉え方を考えてみる

● 捉え方を考えてみる   それぞれの和音を、掴むことだけに、 追われがちなフレーズ。 本当は、とっても素敵なのだけれど、 それは、わかっていても。 いざ弾くとなると、  うっうっ・・・  どうして、こんなに臨 …

どこを聴くべきか?

● どこを聴くべきか?   こんな音の動きの時、 あなた様なら、「どこ」を聴くでしょうか? 「どこに、より重心をおいて」聴きますか?   音の聴き方には、いろいろあります。 例えば、「弾く前にその音を …

楽譜から得られる情報は、たくさんある

● 楽譜から得られる情報は、たくさんある   この画像から、何が読み取れるでしょうか? 音の並び 音の動き そして そこから、メロディの動きが見えてくる。 メロディ(歌)は、どのように始まって、 どもような動き …

スタッカートとメゾ・スタッカートの違いを感じる

● スタッカートとメゾ・スタッカートの違いを感じる   両手共にヘ音記号。 手が重なります。 その時の左手は、スタッカートですね。 (右手もスタッカートですが) この次の小節、こうなります。 ほぼ同じ?と思われ …

何を感じて歌ったらいいのだろう?

● 何を感じて歌ったらいいのだろう?   この曲に限った事ではありません。 最近、この質問や、お悩みを寄せられたり レッスンで聞かれたり、 また、特にこの悩みがあったわけじゃないけれど、 紐解いていくと、 ここ …

アルペジオのスピードを考える

● アルペジオのスピードを考える   画像の右手のアルペジオです。 2分音符の、「ファ#」と10度上の「ラ」。 これだけを見ると、大した事では、なさそうです。 まず、考えたいことは、 この「ファ#」と「ラ」では …

それぞれの音が、引っ張り合う感覚を持つ

● それぞれの音が、引っ張り合う感覚を持つ   右手の内声、 「ふぁーしーどーれー|みーれみれーどー|・・・」 「れみ」が8分音符ですね。 そして、左手はずっと8分音符です。 このような場合、ちょっとだけ意識を …

音を分断させないために

● 音を分断させないために   こんなフレーズ、 右手の伸びる音を聴きたいのに、 一生懸命聴いているのに、 どうしても左手に邪魔される    気がする。   左手をレガートで弾いているつもりでも、 ど …

音階ユニゾンで、大事なコト

● 音階ユニゾンで、大事なコト   両手で同時に音階、というフレーズ、 ユニゾンに限らず、3度や6度音程幅で 並行の場合です。   ちょっと、大事な、気をつけたいコトがあります。   1.  …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.