正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : プレリュード

ピアノで譜読みが早くなるコツ

ピアノは譜読みが最初で最大の難関とも言えるようです。ではどうしたら譜読みが早くなるんだろう?譜読みのコツって何だろう? 今日はそんな、ピアノで譜読みが早くなるコツのお話です。 スポンサーリンク ‌

ピアノで同じ音が続く時の弾き方を考えると表現が輝く!

ピアノで同音連打を弾くのって、同じ音が続くからラッキー? でもね、同じ音が続くのはどうしてなんだろう?何か意味があるのだろうか?同じ音が続く時に指を替えなきゃいけないのはどうして?絶対替えなきゃだめ? 今日はそんな、ピア …

ペダルはピアノ演奏をするための神様じゃない

ピアノのペダルは神様じゃない   左手に注目してみましょう。 両手共に「らしれー」と弾きますが、 左手の「れ」だけが2分音符になっています。 そこに気付いていたでしょうか? 何故、ラフマニノフはこの低音「レ」を …

オーケストラを操る指揮者のように

● オーケストラを操る指揮者のように   想像してご覧。 あなたは、 まるで何十人という オーケストラ・メンバーを操る指揮者だ、  というコトを。 それはどんな気分だろう? それはどんな視野だろう? それはどん …

どこを見るか。どこを聴くか。どこを追うか。

● どこを見るか。どこを聴くか。どこを追うか。   こんな曲。 どう理解していきますか? どう、理解しようとしますか? どんな風に歌っていこうと、 どんな風に歌を捉えるでしょうか?  捉えようとするでしょうか? …

音と音の「間」を読む

● 音と音の「間」を読む   フレーズの終わり。 どんなにその和音を掴みやすくても、 簡単そうに弾いちゃって、いいかしら? それで、伝わるかしら?   ここはどんな雰囲気なの? どんな気持ちなの? & …

重音が続く時の弾き方のコツ

● 重音続きはグルーピングすると捉えやすい   このように、重音の動きが続く場合。 これら全てで一つだ!と思わない。 細かく、グループ分けをしてみましょう。     画像1枚目のケース。 赤 …

お尻で、気を抜かない

● お尻で、気を抜かない   クライマックスに向かって、降りていきます。   スタッカートで駆け下りてくるのに、 その目的地の直前の2音は、スラーです。   これって、どうゆうこと? と、考 …

何を聴いたら終われるんだろう?

● 何を聴いたら終われるんだろう?   ちゃんと、「終わり」に向かって行きたいのに、 何だか、しっくりこない。 何が良くないんだろう?   どう歌ったら、いいんだろう?   右手の動きを歌う …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.