ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第5番」プレリュードから

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡単に弾けるものではないのがネック?
楽譜を深読みするのも、はじめのうちは大変でしょう ...

ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法,楽譜の読み方

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様は、後世の私達にたくさんの素晴らしい作品を遺してくださいました。

そんなバッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡 ...

ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第1番」プレリュード出だし

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

打鍵法,ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ「平均律第1巻第21番」プレリュード

ピアノと言えば、というよりも、クラシック音楽/西洋音楽を代表する作曲家と言えば、まずはヨハン・ゼアスティアン・バッハ様があげられるのではないでしょうか?

バッハの作品はとても面白く(面白がってるわけではなく)、実に学び甲斐 ...

曲の紹介

フランスの作曲家ドビュッシー

フランスを代表する作曲家の一人に、クロード・ドビュッシー(1862-1918)。

ドビュッシーは、ピアノを愛する人たちが好んで演奏している作品をたくさん生み出しました。

ドビュッシーの、ピアノ曲での代表作と言っ ...

ペダルの踏み方,ピアノ奏法,同音連打,ピアノ曲の仕上げ方

ラフマニノフ「プレリュード」Op.23-5

ロシアを代表するピアニスト、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)。

多くのロマンティックなピアノ作品に魅了されて、日々練習に励んでいるピアノ弾きは男女問わず、とても多いことでしょう。

ラフマニノフのピア ...

楽譜の読み方,ピアノ奏法

ラヴェル「プレリュード」

短くて音が少ない曲だって、長くて音が多い曲でも、楽譜の読み方は同じ。気をつけていくことにも変わりはありません。ラヴェル作曲「プレリュード」を題材に、楽譜を読むポイントやちょっとした弾き方のコツをお話します。

音階・半音階,ピアノ奏法

音階とは書いて字の如く、音の階段。

隣り合う音を上がったり下がったりする動きを「音階」と言います。
音階を弾くのは簡単なようでも、その音階を音楽的に弾くのは簡単な事ではありません。

と言っても、曲はそも ...

脱力,ピアノ奏法

あなたはピアノを弾く時、どんな姿勢をしているでしょうか?

背中を伸ばさなきゃ!と思っていませんか?
「姿勢を正す」という考え方は良い事だと思います。
悪いことではないですよね。

でも「姿勢を正す ...

ピアノ奏法

ピアノを弾く人たちにとっての1番の問題は何だと思いますか?

それは、自分が出す音を「聴く」こと。
ピアノは鍵盤を打鍵すれば発音します。
音程も、調律されているピアノでは弦楽器や声楽のように、自分で弾きながら ...