ベートーヴェン

ピアノ奏法

ピアノで和音続きのレガートやスラーの変わり目で気をつけるポイント

レガートで弾くとは、今弾いている音と次に弾く音をつなげて弾くということ。でもピアノで弾くレガートは意外と難しい。つなげて弾いているつもりでも、つながっているようには聴こえなかったり切れちゃったりね。 大好きな人と手をつなぐように、ピア...
ピアノ奏法

打鍵のニュアンスとアーティキュレーションの意味を考えると音楽が生きてくる!

ピアノ打鍵のニュアンス・アーティキュレーションの意味を考えると音楽が生きてくる!
ピアノ奏法

ピアノでオクターブ・トレモロを脱力して弾く方法

オクターブ・トレモロで手に力を貯めこまない方法を、ベートーヴェン「悲愴ソナタ」を例に説明しています。
ピアノ奏法

ピアノでの突然の強弱変化の付け方

突然の強弱変化の付け方を、ベートーヴェン「悲愴ソナタ」を例にお話しています。
ピアノ奏法

音のつながりをイメージしてみるとピアノの打鍵の仕方が見えてくる!

その音をどう弾いたら良いのか、どう表したら良いのかわからなかったら、その音の繋がり(前後関係)を見てみましょう。音の繋がりがわかれば、打鍵の仕方が見えてきますよ。
ピアノ奏法

何調か理解すれば弾きやすくなる!覚えやすくなる!

今弾いているその曲、何調だか、わかっていますか?
楽譜・書籍

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソードについてお話します。
ピアノ奏法

ピアノで響きの「伸び」を味わう事で、あなたの表現力が豊かになる!

ベートーヴェン「ピアノソナタ」”テンペスト”を例に、響きの「伸び」を、味わってみましょう。
ピアノ奏法

2音間スラーでも、横の動き

2音間スラーでも、横の動きで弾いてみましょう。縦では、ありません。
ピアノ奏法

休符の意味を考える

休符にも、意味があります。どうしてそこに、その休符があるのか?考えてみましょう。