正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ポップコーン

メロディは、潜んでいるかもしれない

● メロディは、潜んでいるかもしれない   この画像のこのフレーズ(あるフレーズの終わりです)、 普通に考えると右手の音がメロディでしょうか。 でも、メロディって、一つとは限らないでしょ? ポリフォニック(複声 …

歌の美味しさを想像しちゃおう!

● 歌の美味しさを想像してみよう!それだけで良いバランスになる!   強弱記号が「p」と書かれていたら、 途端に「恐る恐る弾き」に、なってしまいませんか? この画像のように、「ピアノ」と書かれていても、 右手と …

ポジション移動は膨らみを持って

● ポジション移動は膨らみを持って   右手は三度和音で、同じ指使いで下降の音階です。 一見やさしそう? でも、弾く本人にとっては大変なコト。 こんな時には、もう一方の手(左手)は 手指の形を変えなければいけな …

ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう!

● ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう! 気を付けたいのは、この画像で赤○をしている 左手の4拍目の4分音符。   飛びやすいの。 次の音に向けて。 次の音を打鍵する「準備」をしようとして、 無意識のうちに飛んで …

ハーモニーを味わうと、メロディ美しくなる!

● ハーモニーを味わうと、メロディ美しくなる! とっても美しく、幻想的なフレーズです。   右手がメロディ、左手は伴奏。 この伴奏のカタチは「アルベルティ・バス」と言います。   右手を、とっても気持 …

音の方向転換は、気持ちが変わるサイン

ピアノを弾いていると、音を読むのは難しくないし、弾くのも技術的にそう難しくはない気がするのに、どう表現していいかわからなくなる時はありませんか? 気持ちよく音は降りてきたのに、あれ?なんで上がるんだろう???そんな事をご …

同音連打はタイミングを意識するとキレイになる

● 同音連打はタイミングを意識するとキレイになる   同じ音が続くと(重音でも)、指使いを替えて弾きなさいよ! という指示がある時が、ある。   それは、その限りではないのだけれど、 たとえ同じ指で弾 …

伸ばす音は、ペダルを気遣うと美しくなる!

● 伸ばす音は、ペダルを気遣うと美しくなる!   メゾフォルテの全音符のところです。   この楽譜は、指示が明確で丁寧です。 このように伸ばす音に付けるペダルは、 ちょっとした気遣いが必要です。 &n …

スラーとスタッカートの組み合わせ

● スラーとスタッカートの組み合わせを、楽しむ   両手共にスタッカートだと、軽快に弾くのは難しくない。 ところが、ひとたび右手にスラーが入ると、 無意識のうちに左手もつられてしまう。   スタッカー …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.