正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : メンデルスゾーン

荒井千裕ピアノ・リサイタル2019*ピアノとことばの花綴り〜舞曲とロマン派を織り合わせて〜

お陰様で2019年もピアノ・リサイタルを開催させて頂く事となりました。 今回のピアノ・リサイタルはどんなものになるのか、いつどこで開催するのか、ご案内致します。 スポンサーリンク ‌

響きで聴き響きで合わせてピアノ演奏に推進力を出す方法

あなたは自分が出すピアノの音の響きを、聴くことが出来ているでしょうか?聴くことに意識を置いたことはありますか?響きを聴き、響きで合わせることについてお話しします。 スポンサーリンク ‌

ピアノを弾く時の手の形と呼吸と打鍵のバランスと表情を考える

ピアノを弾く時に、フレーズ単位で捉えて歌う・表現を考えるのは大事なことです。 森を見て樹を見ずですが、たまには「1音」にこだわってみましょうか。今日は「樹を見て森を見ず」作戦です。まず「1音」にこだわりを持てなければ、フ …

打鍵のニュアンスとアーティキュレーションの意味を考えると音楽が生きてくる!

ピアノを弾く時にあなたが考えるのはどんな事でしょうか?あなたが大事にしていることは何でしょうか? そこにスタッカートが書かれているから「短く切って」弾く?そこにフェルマータがあるから「長く伸ばす」?ではどうしてその音には …

弾き方がわからなかったらピアノの響きを聴いてみるとイイ!

あなたがピアノを弾く時、ある一部のフレーズをどう弾いたらいいのか、どんな歌い方をしたら良いのか、どんなふうに捉えたら良いのかわからなくなる事はありませんか? 何だかモヤモヤしているのだけれど、でも手がかりもないし突破口は …

メンデルスゾーン*ピアノ演奏の手引き

ピアノでメンデルスゾーンの曲をやるにあたり、メンデルスゾーン関係の本を何冊か買っていたことがありました。 メンデルスゾーンは、ピアノなら「無言歌集」に収録されている「春の歌」が一番の有名所でしょうか?でも、他にもたっくさ …

ロマン派の作曲家別演奏法を知ってピアノの表現力を高めよう!

あなたはピアノを弾いた後に「それはショパンじゃない」と言われた事はありませんか?筆者はあります。それはショパンじゃない?じゃ、ショパンの弾き方ってどんなものなの?他の作曲家とどう違うの?と思ったものです。しかし、当時の先 …

メンデルスゾーン作曲「春の歌」

先週の日本は予定(予想?)より大分早くに桜が咲き、そして桜が咲いたのに雪が降るという不思議なお天気でしたね。 春の訪れを喜ぶも突然の寒さに、体もついていくのが大変ですが、桜も目の玉が飛び出るほど驚いていることでしょうね( …

切り返しで気をつける事

● 切り返しで気をつける事   降りてきて、方向転換で上がるフレーズ。 赤で囲っている「ラ ラ♭ ソ シ」の、 問題は「シ」への指が外れてしまう、 「シ」へ届かない、 手前の「シ♭」に触れて鳴らしてしまう事が多 …

ピアノでピアノ(p)は、体を開くとラクに弾ける

ピアノ(p)は、体を開くとラクに弾ける 「ピアノ(p)」なのに、低音だと、 どうしても音がボン!と飛び出しそうな気がして、 身を縮こめて、恐る恐る、弾こうとしてしまう。 そして、音がかすれる。 怖いのよね。うん、わかるよ …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.