正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ラクに弾く

ピアノで音楽の流れを生み出す方法とアルペジオの弾き方のコツ

アルペジオは流れるように弾きたいのに、何度練習してもボテボテ・・・何だかぎこちなくて音楽が流れているような気がしない・・・あなたはピアノの練習をしていて、そんな風に感じたことはありませんか? ピアノでアルペジオを弾くには …

ピアノの演奏を生き生きさせるために楽譜を読み解く方法

ピアノを弾く上でどんなに指が自由にすばやく動こうが、ちっとも暗譜に困らないとかどんなに初見が得意でも、楽譜を深く読み解こうとするかどうかは、演奏に真実味を与えるかどうかの分岐点。 せっかく縁あって向き合っている作品。もう …

ピアノで跳躍をキレイに聴かせる方法

ピアノで跳躍と言うと、何だかとても難しいテクニックのように感じてしまうでしょうか? でも、実際は大した跳躍のようには見えない音の動きでも、それまでとの手指の広げ方・音程の開き方が変わるだけで、ものすごく弾きにくいと感じた …

楽譜を読み解いて、心も体もラクにピアノを弾く方法

あなたはピアノを弾く時、どのように楽譜を読んでいますか?初めての曲と向き合う時、いくらか音が馴染んできて楽譜を譜面台に置いて見ながら(眺めながら?)ピアノを弾く時、あなたはどのように楽譜を読んでいるのでしょう。 こんな画 …

3つのよく似たフレーズが繰り返される理由を考えればピアノでの表現がわかる!

ピアノを弾いていると、良く似たフレーズが出てくることがあるでしょう。2回繰り返される時もあれば3回だったり4回だったりケースバイケース。でもよくあるのは、3回繰り返されてフレーズが発展していくケースです。 発展しないで終 …

ピアノでどう表現したらいいかわからなかったら俯瞰してみるとイイ!

ピアノを弾いていると、音を取るのは難しくないし弾きにくいわけでもないのに、「どう弾いたらいいのかわからない」というフレーズに出会う事はありませんか? こちらはヴァイオリンを受けてピアノで弾く和音。そう、ヴァイオリンを受け …

ピアノ上達への一歩!意識をスラーの終わりに向けるとキレイに!テヌートの意味を考えよう!

楽譜にスラーが書かれているのは何となく目に入る。あぁここから繋がりが始まるんだなと思ったり、ここから1つのフレーズが始まるんだと認識するでしょう。 では、スラーの終わりについてはどうでしょうか?あなたはピアノを弾く時、ス …

音階もアルペジオもピアノでラクに弾く方法はグルーピングだ!

ピアノを弾く上で、弾きにくさを感じるものに音階やアルペジオや重音が続くフレーズなどがあるでよう。それら全てがピアノを弾くなら避けて通れないもの。ピアノのための作品は、音階とアルペジオと重音の進行で出来ているようなものです …

ピアノはどう弾きたいのかで弾き方は変わる

ピアノの弾き方と言ってもいろいろな弾き方があります。ピアノの奏法は1つではない。でも「いろいろな弾き方がある」事を教えてくれる先生は、街のピアノ教室にはなかなかいません。あなたがこの記事を読んでいるのは「ピアノの弾き方」 …

どこに向かっていくのかを知り、ピアノでアルペジオ・フレーズを弾きやすくするコツ

ピアノを弾いているうちに、どこに向かっているのか・何をどう歌いたいのか、わからなくことはありませんか? 何をしたらいいのかわからなくなるのを、どうしたら防げるのか。どうしたら理解できるのでしょうか? スポンサーリンク ‌

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.