正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : リスト

和音の動きは鍵盤にしがみつくのをやめると弾きやすくなる!

和音の動きが続くと、気付いたら腕が窮屈になっていることはありませんか? 右手も左手も、弾き方に固執すると大変ですよ!この画像のような和音が続くフレーズをラクに弾く方法をお話します。 スポンサーリンク ‌

楽譜の読み方その2!低音の動きから進行を予測すると覚えやすくなる!

ピアノの練習をしていて、楽譜を何度読んでも覚えられない・何度練習しても覚えられない、そんなこともあるでしょう。そんな場合は、もう少し別の視点から見てみよう!と提案したのがこちらの記事です。 今日は、低音の動きに注視してみ …

楽譜の読み方

楽譜を何度読んでも覚えられない、弾くたびに考えてしまうなんていうことはありませんか? 次はここ(この辺りのポジション)かな?と予測しても、パッと楽譜を見ると全然違っていたりする。何度練習しても音の動きが覚えられないなら、 …

休符や打鍵の間(ま)を考えて表現力を高めよう!

あなたは楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができるでしょうか?そんな事 …

多声(ポリフォニー)フレーズの練習法

多声(ポリフォニー)音楽とは、複数の声部が協和し合う(絡み合う)音楽。ピアノではバッハの作品がポリフォニーの代表のような存在ですが、うんとわかりやすく言うと、始まりは「カエルの歌」だろうし、少し発展(大きく)なれば中学生 …

音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって、音価の長い音符に限らないんですよ。そしてやっぱり呼吸を合わせるととっても自然に味わえますよ。 では音の伸びをどう味わうか?イメージをどう持つか?について、例を …

ピアノで両手重音トレモロとアルペジオをラクに弾くコツ

ピアノで重音のトレモロ、しかも両手共に弾かなければならなかったら?ひゃーもう弾きにくいわ、合ってるのかどうかもわからない・・・ ピアノで1オクターブを超えるアルペジオは、弾きに行くのに必死でもう!疲れるし音外れるし・・・ …

速い音符は立ち向かわない!タンギングのススメ!

16分音符や32分音符など、速い音のパッセージは、無意識のうちに焦ってしまっていませんか?パニックになっていませんか?息が止まっていませんか? 指が勝手に走ったり、16分音符の終わりまで聴けずに弾ききれないこと、ありませ …

覚えにくい音の動きを覚える方法と音が長くなる時の注意

何回弾いても何回練習しても音の動きが覚えられない〜〜!って悩ましくなる時はありませんか?音符の長さが長くなっていくと、何だか違和感を覚えることはありませんか? 今日は、そんな覚えにくい音の動きを覚える方法と、音符の長さが …

親指に気をつけろ!

● 打鍵は親指に気をつけろ! これら単音の動きの中にも、更にメロディを形作っている音の繋がりがあります。 この楽譜例だと、「ミ♭」以外の音の動きが、メロディです。 その音の動きを、聴いて行きたいのに、それを邪魔しやすいの …

1 2 3 5 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.