正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 呼吸法

ピアノで音階・半音階を美しく弾くコツとユニゾンで音階を美しく弾くポイント

ピアノに関わっていると、音階を避けて通る事は出来ないと気づくでしょう。 音階は、書いて字の如く音の階段。隣り合う音を上がっていったり降りていったり。それは一見簡単そうだけれど、簡単に弾けてしまう事には落とし穴がある事に気 …

ピアノの音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

ピアノの「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって音価の長い音符に限ってのお話ではありません。そしてやっぱりあなたのピアノに呼吸を合わせると、とっても自然にあなたが発する音の伸びを味わえますよ。 ではあ …

ピアノでのクライマックスへの効果的な呼吸法

曲には、大なり小なり幾つかのクライマックスがあります。あなたがピアノを弾く上で、クライマックスへ向かっている事がわかるようにするにはどうしたらいいのでしょう? クライマックス・盛り上がっていることをわかりやすく伝えるため …

意識的な話だけではなかった

東京レッスンを受講してくださった方から、嬉しいフィードバックを頂きました。 荒井千裕のレッスンを受けてみようか?ど迷っておられる方へのご参考になればと思い、ご許可を頂いてフィードバックをシェアします。荒井千裕のピアノ・レ …

休符や打鍵の間(ま)を考えてピアノの表現力を高めよう!

あなたはピアノを弾いている時に楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができ …

肩甲下筋のツボを意識で脱力!呼吸を意識でピアノはグンと弾きやすくなる!

ピアノを弾いていると、手首に力が入ってしまうとかヒジに力が入る・腕全体に力が入る・肩に力が入ってしまって、無意識のうちに肩が上がってしまう・・・そんな事はありませんか? ピアノを弾く時に、あなた息をしているかしら?呼吸を …

香港教室 冬休みの特別レッスン受付中

● 香港教室 冬休みの特別レッスン受付中   香港も、ようやく長袖に、上着が欲しい時期になりました。 ようやく!です。 香港にある学校は、早いところでは 来週から冬休み(クリスマス・ホリデー)に入ります。 再来 …

音型に合わせて呼吸する

● 音型に合わせて呼吸する   呼吸が止まってるかもしれない? とか、 気付いたら呼吸が止まってた!? どうやって呼吸したらいいか、わからない・・・? という方へ。 一番シンプルな呼吸法です。   ・ …

「間合い」を作るのは、「呼吸」

● 「間合い」を作るのは、「呼吸」   画像の下の段、 中央あたりに「sostenuto」と書かれている所。 「ピアニシモ」になって、クレッシェンドしていく。 その時、音域が下がります。 それって、どんな感じか …

2音間スラーは、動きも呼吸も一つ

● 2音間スラーは、動きも呼吸も一つ   今日は、左手のお話。 4分休符を受けて、単音「れ」から オクターブ「そ」へ。 その繰り返し。 オクターブ「そ」は、拍頭ではありますが、 ちょっとだけ、気をつけたらいいな …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.