正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 呼吸

ピアノを弾く時の手の形と呼吸と打鍵のバランスと表情を考える

ピアノを弾く時に、フレーズ単位で捉えて歌う・表現を考えるのは大事なことです。 森を見て樹を見ずですが、たまには「1音」にこだわってみましょうか。今日は「樹を見て森を見ず」作戦です。まず「1音」にこだわりを持てなければ、フ …

ピアノでのフレーズの捉え方とフォルテシモからのクレッシェンドの掛け方について

あなたはピアノに向かっている時、フレーズって、どうやって捉えたらいいんだろう?と疑問に思うことはありませんか? 既にフォルテシモなのに、そこから更にクレッシェンドってどうしたらいいの?もうこれ以上大きく(強く)出来ません …

ピアノで呼吸を意識すると息の長い演奏が出来るようになる!

ピアノを弾いていると、何だか息苦しくなる事はありませんか?呼吸を止めないで!と言われて初めて息を止めていた事に気付いたとか、ピアノあるあるでしょうか。 演奏しながら呼吸を意識するのか?呼吸を演奏に活かすってどうやって?息 …

タイミングを考えたり付点を味わうと、ピアノでの呼吸も流れていく

ピアノは右手も左手も使うし、ペダルを入れるとなると足も使う。右手と左手は同じ動きじゃないということは、スラーの付き方などのアーティキュレーションも違う事も少なくありませんよね。するともう「わたし(あなた)」の頭はパニック …

もう一度、ピアノの脱力と呼吸の意味を考える時がきた!

ピアノを弾く上で大事な「脱力」と「呼吸」。まるで永遠のテーマのような扱いさえ受けている「脱力」、そしてつい忘れられがちな「呼吸」。 そんなことわかってる?かもしれませんが、もう一度チェックしてみませんか? スポンサーリン …

1スラーは一息

● 1スラーは一息で   右手と左手が「2対3」なので、 合わせる事に意識が重く置かれがちでしょうか。   合わせる事が難儀でなくなったら、 是非、スラーの付き方に注目してみましょう。 スラー1つで、 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.