正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 奏法

ピアノでトリルの指替えが滑る時や和音のトリルをラクに弾くコツ

ピアノでトリルって、指が滑ったりダマになったり、うまく合わなかったりと、何かとムズい!って思うことありませんか? その上、この画像のようにトリルあるのに、トリル弾くのと同じ手で他のおとも弾かなきゃいけないとか、どゆこと? …

ピアノで音の息遣いを伝えるポイントと演奏のコツ

ピアノでユニゾンのフレーズを弾く時、あなたは何を感じるかしら?何を考えたり意識したりするでしょうか?  もし、今まであまり感じたり意識する事なくピアノを弾いていたのなら、今日は少しだけ感じたり意識してみませんか …

ピアノの指づかい・ポジションの用意の仕方・スタッカートの弾き方のコツとソナタ形式について

 ピアノを弾く上で、実は重要なのだけど軽視されやすいものは、何だと思いますか? それは「指づかい」と「ポジションの用意への意識」。もう一つ加えるなら、「スタッカートの弾き方」への意識です。  どうして …

ピアノでの表情の付け方と保持音と内声を効果的に弾くポイント

ピアノを弾くのって、ホント楽しいですよね。嬉しいし幸せになる。ピアノを弾くのは楽しいのだけれど、大好きな曲でも弾いていると「あれ?どうやって表情をつけたらいいんだろう?」ってちょっとわからないフレーズが出てきたりします。 …

ピアノで伸ばす音の意味を考える

ピアノを弾く上で、戸惑うことやどうしたらいいか実はわからなくて、もやもやしながら弾いているものの中に「伸ばす音」というのがあるでしょう。 音を伸ばすってどういう事だろう?音が伸びる?それとも響き?待つの?数えるのが正しい …

ピアノで音の方向をはっきりさせるフレーズの捉え方とタイやアクセントの効果的な打鍵法

ピアノを弾いていると、どこに向かっているのかわかっているようでわからない、そんなお悩みを持つ方に出会うことが時々あります。 音と音が繋がり合ってメロディが出来て、それを支えるハーモニーがあってリズムがあって、一つの作品が …

ピアノを脱力で体をラクにして弾くには背中がポイント!

ピアノを弾く上で、切っても切り離せない問題が「脱力」。しかし脱力とは言っても、全ての力を抜いてしまったら、決して軽くはないピアノの鍵盤を打鍵することすら出来なくなってしまいます。 ではどのくらいの塩梅で、体のどこの部位を …

ピアノ上達の3つのコツ!音の方向は素直に捉えろ!

長いフレーズは、その中で音の向かい方を小さく自然に捉えていくと「大きな流れ」が生まれます。 ピアノを弾く上で忘れてほしくないポイントの1つが「フレーズのとり方」、言い換えれば「グルーピング」。フレーズ/グルーピングをどう …

ピアノで弾くアルペジオは親指が!オクターブの動きはエキスパンダーがポイント!

ピアノでアルペジオを弾くと、うまく弾けない事が多くありませんか? アルペジオだけではありません。オクターブの動きもなんて弾きにくいのでしょうか。そんな弾きにくいアルペジオやオクターブでの動きも、どうして弾きにくいのか原因 …

ピアノでペダルに頼らずオクターブをレガートで弾く方法

手が小さい人のみならず、手の大きさが普通でも大きくても、ピアノでオクターブをきれいに弾くのは、そんなにやさしい事ではありません。そうね、オクターブをつかんで弾くだけの場合と、オクターブで動きがあるのではまた違いますよね。 …

1 2 3 23 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.