正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 奏法

16分音符のオシリまで聴くために、声を出すことのススメ!

ピアノを弾く時、16分音符や32分音符などの速い音のフレーズは、弾くだけで大変だと感じてしまいますよね。指を動かすことだけに神経がいってしまっていませんか?でも、そんな速い音こそ、音のオシリまで聴き届けてあげたいもの。 …

アーティキュレーションが変化する意味を考えてみる

アーティキュレーションとは、音と音の繋がりがどうあるのか?という関係を示す記号。 例えば「どれみ」という音の流れがあったとします。その時、その「どれみ」の3音には音をつなげて弾く「スラー」が付いているのか音を切って弾く「 …

伝えたい事の重要度を考えて最後まで気を抜かないために大事な事

ピアノを弾くために楽譜を見る(読む)と、そこにはたくさんの情報があります。それらの情報を全て正しく読み取って演奏に反映させるのはやさしい事ではないんですよね。 そして、あなたが自分の音楽を作っていく上で、これは大事だなぁ …

ピアニシモでビビらない方法とピアノの中で聴きたい音の出し方

曲の始まりや終わりがピアニシモ(pp)だと、ついビビってしまって体は縮こまるわ音は出なかったりかすれたり。何だかうまく弾けない。そう感じることはやりませんか? そんなピアニシモを、ピアノでどう弾いたらいいのか?また、ピア …

どう弾きたいのかで弾き方は変わる

ピアノの弾き方と言ってもいろいろな弾き方があります。ピアノの奏法は1つではない。でも「いろいろな弾き方がある」事を教えてくれる先生は、街のピアノ教室にはなかなかいません。あなたがこの記事を読んでいるのは「ピアノの弾き方」 …

速いフレーズの音のしっぽの聴き方と一人二役を意識する事について

ピアノは音が消えゆく瞬間まで大事に聴きましょう、なんて言います。はい、私もよく言っている事ですが、そうは言っても速いフレーズや音が多いフレーズでは「音のしっぽの最後まで聴きたいのはやまやまだけど、聴いてられるような状況じ …

スタッカートのイメージを想像すると音が生きてくる!

スタッカートとは、「音を切る」という意味。でも実際に初めてスタッカートが楽譜に出てきた時には、「こうやって、はねるのよ」と教わるケースが多そう。「音を切る」のも、その切り方にもいろいろある事を想像すれば、「はねる」場合だ …

和音トレモロがぐちゃぐちゃになるのを解決する方法

ピアノでトリル(隣同士の音を交互に弾く)やトレモロ(音程が離れた音を交互に弾く)を弾くのは、ちょっと厄介な奏法の1つでしょう。あなたもトリルやトレモロが弾きにくいと感じたことがあるのではないでしょうか? その弾きにくいト …

意識をスラーの終わりに向けて行くとキレイになる!テヌートの意味を考えよう!

楽譜にスラーが書かれているのは何となく目に入る。あぁここから繋がりが始まるんだなと思ったり、ここから1つのフレーズが始まるんだと認識するでしょう。では、スラーの終わりについてはどうでしょうか?あなたはスラーの終わりを意識 …

欲しい音を想像して創造する!そしてスラーを正しく捉える!

あなたは自分が欲しい音が思うように出てこないと苦々しく思うことはありませんか?ん?もしかしたら「欲しい音」のイメージがないまま弾いているかも? 「その中の音をつなげて弾きましょうね」や「これが1つのフレーズですよ」を表す …

« 1 2 3 15 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.