ピアノ奏法,脱力,アルペジオ,トリル/トレモロの弾き方

ピアノで重音のトレモロ、しかも両手共にトレモロを弾かなければならなかったら?ひゃーもう弾きにくいわ。果たして合ってるのかどうかもわからない…なんて事、ありませんか?

ピアノで1オクターブを超えるアルペジオは、弾 ...

ピアノ奏法

シューマン「夢のもつれ」練習ポイント

音の長さが変わる=リズムが変わるとね、ちょっとだけ頭が混乱しちゃうんです。

例えば16分音符の動きから8分音符になったり、16分音符から8分3連符になった時、1拍の長さが変わりやすいの。なんででしょうね?体内リズムが狂っち ...

ピアノ奏法

音の動きの通りに歌ってみよう

楽譜を読む。音の動きを読み取っていく。

ピアノは右手の動きと左手の動きがあるから、その両方を読んで理解しないといけないですよね。

その上、読むだけじゃなく、そのとおりに指が動くようにと練習を重ねる。
す ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,スラー/レガート

ピアノは右手と左手で別の事をやりますよね。
同じ一つの曲を演奏するのに、右手と左手ではリズムも違うし音も違っていたり。音が進んでいく方向も違ったりね。その上、足はペダルを使ったりしてきゃー大変!

右手がスタッカート ...

ピアノ奏法,音階・半音階

「ハノン」は指の準備運動だからつまらない?

いやいや、ハノンはピアノを弾く上での様々なパターンを、メロディをつむぐのに重要な音階を美しく弾くための練習曲集。だけど、練習曲集だから?機械的な気がしてしまうのかな?

ピアノ奏法,打鍵法

ギロック「魔法の木」から

スタッカートって「短く切る」とか「はねる」とか習いましたか?

音を切り分ける、とも言います。それはスタッカートの「意味」。

じゃあ実際はどうなの?どう弾くの?という事を考えてみましょう。

そもそもス ...

ピアノ奏法,同音連打

繰り返される音

音楽は、音と音がつながって出来ています。音楽の3要素は、「メロディとリズムとハーモニー」。

その「メロディ」が、音と音がつながっているのが一番目立つ部分でしょう。このメロディは、音階になっている事もあれば、音程が離れて動く ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方,スラー/レガート

ブラームス「カプリッチョ」Op76-2

音楽とは、音と音がつながって流れていくもの。でもね、ただ「つながっている」だけじゃないんです。目的地がある。

私達が出かけるには用事(目的)があるように、ウォーキングやハイキング、サイクリングなどにも目標地点があるように、 ...

ピアノ奏法

あなたは自分が出すピアノの音の響きを、聴くことが出来ているでしょうか?聴くことに意識を置いたことはありますか?

自分が出す音は、聴いているのが当たり前のようだけど、意外と聴けていないもの。どうしてって?

それは ...

ピアノ奏法,脱力

ピアノを弾いていく上で、多くの人達が一生の課題と言えるかもしれないものの筆頭に「脱力」が上がるでしょう。いわばピアノ弾きの「永遠のテーマ」ですね。

でもね、ピアノを弾く上での脱力は実は、そんなに難しい話じゃないのです。コツ ...