正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 奏法

大事にしたい事は何かを考え、休符も音楽にする!

日々ピアノを弾いていると、今向き合っている曲に少しずつ慣れてくると、何を大事にしたいのか・したかったのかわからなくなる事はありませんか?わたしは一体何を弾いているのだろう?これでいいのかな?って。 そして、休符があるから …

3拍子は1で捉え、伸ばす音を意識すると音楽が生きてくる!

3拍子は「いちっにっさん」と3拍を数えるのが基本ですね。しかし3拍子なら全てを「いちっにっさん」と感じていたら(数えていたら)、何だか停滞感を覚えることはありませんか? また、伸ばす音はどうしても打鍵した瞬間にその存在を …

音階を音楽的に弾く方法と、聴きたい音を聴く事について

あなたはピアノで音階を弾く時に、「音楽的に弾こう」と思った事があるでしょうか? 聴かせたいラインがあるのに、トレモロが入ったりすると右手と左手は合っているのかどうかもわからなくなったり、しませんか?そのうち、あなたは「合 …

クレッシェンドの方向性と3段階戦法とは何かを考える

クレッシェンド(cress.だんだん強く)とは音楽用語ですが、「フォルテ」と言ったら強く!と瞬時に反応する人が多いのと同じくらい「クレッシェンド」はよく知られた言葉だと思いませんか? さて問題はその【クレッシェンド】。単 …

音の長さの意味とその音がどこへ向っていくのかを考えると、音楽の表情が変わる!

あなたはピアノを弾く時、あなたの意識の多くはどこに置かれているでしょうか? という質問は、かなり抽象的だったでしょうか。ではぐいぐいっと詰め寄って聞きますよ。あなたは今から弾くその音の長さとその長さの意味を考えたことがあ …

分散和音の練習法とユニゾンの弾き方を考える

和音を崩して弾く分散和音も両手で同じ事を並行で弾くユニゾンも、ピアノの作品の中にはたくさん出てきます。 何気なく出てくるものですから、あまり気にかけていないかもしれません。あなたは曲中に分散和音やユニゾンが出てきた時、ど …

小節にまたがるスラーで注意する事と同じ音で音色を変えたい時にしたらいい事

小節をまたがるスラーはよく出てきますから、あまり気にも留めていないかもしれません。でもね、ピアノでは右手と左手で同じ動きをする事も多いですよね。例えば右手がスラーで左手がスタッカートという場合です。こんな時、あなたはど …

歌うための奏法のコツと次への弾きやすさを見て指遣いを考えてみる

あなたはピアノで「歌うこと」と、どうやって弾くか?の「奏法」は別のものだと捉えているでしょうか?「 ピアノの奏法」は「技術」だとすれば(いや、技術ではあると思いますが)、それは「歌うこと」とは別かもしれません。 目の前の …

スラーの変わり目と跳躍で気を付けたいコト

ピアノを弾く時、スラーがどのように付いているかは一応チェックするけれど、スラーの変わり目を意識しているでしょうか? 音の跳躍で手が広範囲に渡って動く時、「ひぃっ!大変!忙しい!間に合わないぃぃ!」とパニックになっていませ …

アクセントとフォルテシモからのデクレッシェンドの意味を考える

アクセントの記号>を見ると、つい強気に出てしまいませんか?アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょうか。「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのか、考え始めたら弾けなくなってしまった …

« 1 2 3 4 15 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.