ピアノ奏法,脱力

先日のレッスンで共通したポイントが幾つかありました。この記事は以前書いたものですが、今この話があてはまる方が多そうなので、少し手を加えて更新します。

ピアノで脱力は永遠の課題のよう。でもね、脱力と一言で言っても、全てを脱力 ...

ピアノ奏法,打鍵法

アクセントの記号(>)を見ると、つい強気に出てしまいませんか?

アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょう。「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのかなぁ?と考え始めたら弾けなくなって ...

ピアノ奏法,アルペジオ

アルペジオとは、和音をずらして弾くもの。

和音をつかんで弾くよりやさしいと感じる人もいるかもしれません。ところがピアノで弾くアルペジオはどうして弾きにくいのでしょうか?

どうして、ずれて思うように弾けなかったり ...

ピアノ奏法,トリル/トレモロの弾き方

ピアノを弾く上で、難しいと感じることは何かしら?

音階?アルペジオ?オクターブ?それともトリル?あなたはどれが弾きにくいと感じているでしょうか?

「ピアノ トリル」で検索してこのブログを訪れてくださる方が多いよ ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方

ピアノを弾く上で演奏に効果的なものとして、表現の三段階活用というのがあります。ピアノ以外の全ての音楽に通じるお話ですよ。

あなたも同じようなフレーズが何回も繰り返される作品に、出会ったことはありませんか?そんな時、あなたは ...

ピアノ奏法,脱力

学校が始まったら(新学期・新年度が始まったら)途端に学校や仕事のことで手一杯・余裕がなくなってしまうのは子供も大人も同じではないでしょうか。

コロナ禍になってから、自粛だリモートだZOOMで授業だ…とストレスも ...

ピアノ奏法,アルペジオ

ピアノの演奏法の中で、大変だとか弾きにくいと感じるものの一つに「アルペジオ」が上げられるでしょう。

アルペジオとは日本語で「分散和音」と言います。書いて字のごとく、和音を崩して弾くのがアルペジオ。ではその弾きにくいアルペジ ...

ピアノ奏法,脱力,アルペジオ,音階・半音階

ピアノを弾く上で、弾きにくさを感じるものに音階やアルペジオや重音が続くフレーズなどがあるでよう。

それら全て、ピアノを弾くなら避けて通れないものです。なぜなら、ピアノのための作品は音階とアルペジオと重音の進行で出来ているよ ...

ピアノ奏法,オクターブ,脱力

ピアノを弾く上で、大変だ〜!と感じることはいろいろありますよね。

そんな中でも、オクターブが続くフレーズは手の大小に関わらず大変だと感じられるものの一つでしょう。ましてや両手でのオクターブ・フレーズとなれば、弾き方を間違え ...

レッスンから,ピアノ奏法,楽譜の読み方

ピアノは譜読みが最初で最大の難関とも言えるようです。譜読みが苦ではない人にとっては大した問題ではないけれど、誰もが同じように楽譜を読めるわけではないんですよね。

それは他の科目や外国語の習得に置き換えてみれば、わかること。 ...