打鍵法,ピアノ奏法

てのひらからエネルギーが出るイメージ

ピアノは鍵盤を押せば、音が鳴ります。
調律さえしていれば、音程も正しく鳴りますよね。打鍵時に、他の楽器のように音程に敏感にならなくてもいいのがピアノ。

でも。だからと言って、ピアノから出てくる音色は一つじゃありませ ...

ピアノ奏法

モーツァルト「ロンド」ニ長調から

あなたは「スタッカート」の意味を、どのように理解していますか?

私の所にレッスンに見えた大人の生徒さんの殆どが、こう答えました。
「スタッカートは、はねる!」

うん、イメージとしては、わかるんだけどね。 ...

ピアノ奏法,スラー/レガート

長いスラーの弾き方も1回転

スラーが付いていたら、「なめらかに」とか「繋げて弾こう」って確か習ったんじゃないかなぁ?

でも、練習しているうちに、自分が「なめらかに」弾いているか、ちゃんと「繋げて」弾いているのか、気にもしなくなっていないかしら?

ピアノ奏法,打鍵法

ギロック「コラール・プレリュード」から

ピアノは音を出す(鳴らす)だけなら簡単です。鍵盤をポンと押せば、音が鳴りますよね。
猫ちゃんでも弾けるなんて言われたりも。

でもね、音を鳴らすだけなら易しくても、音楽にするとなればまた話は別。
打鍵の仕方に ...

打鍵法,ピアノ奏法

ベートーヴェン「悲愴ソナタ」第2楽章から

ピアノは、鍵盤をポンと押せば(落とせば)音が出ますよね。
その上、調律してあれば音の狂いが気になる事もないでしょう。

だから、無頓着になりやすいのが、ピアノの「打鍵」。
あなたは「どう打鍵するか?」「どう離 ...

ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第5番」プレリュードから

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡単に弾けるものではないのがネック?
楽譜を深読みするのも、はじめのうちは大変でしょう ...

音階・半音階,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート,ピアノ奏法

リスト「軽やかさ」から

「軽やかさ」とは、ハンガリー出身のロマン派の作曲家、フランツ・リスト(1811-1886)によって作曲されたピアノ曲。

リストの「軽やかさ」は、「3つの演奏会用練習曲」の第2曲として収録されています。第1曲は「悲しみ」、第 ...

打鍵法,ピアノ奏法,同音連打

ピアノを弾くには、大変なことがたくさんありますよね。
今日はその中で、実際に音を出す「打鍵」に焦点を当ててますよ。

「先に打鍵の準備をいかに出来るか?」で回避できること、そして確実に出来る事はグンと増えます。

ピアノ曲の仕上げ方,ピアノ奏法

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,ピアノ奏法

バッハ「平均律第2巻第1番」プレリュード出だし

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...