ピアノ奏法,音階・半音階,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

リスト「軽やかさ」から

「軽やかさ」とは、ハンガリー出身のロマン派の作曲家、フランツ・リスト(1811-1886)によって作曲されたピアノ曲。

リストの「軽やかさ」は、「3つの演奏会用練習曲」の第2曲として収録されています。第1曲は「悲しみ」、第 ...

ピアノ奏法,同音連打,打鍵法

ピアノを弾くには、大変なことがたくさんありますよね。
今日はその中で、実際に音を出す「打鍵」に焦点を当ててますよ。

「先に打鍵の準備をいかに出来るか?」で回避できること、そして確実に出来る事はグンと増えます。

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

バッハ「平均律第2巻第1番」プレリュード出だし

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ピアノ奏法,同音連打

繰り返される音

音楽は、音と音がつながって出来ています。音楽の3要素は、「メロディとリズムとハーモニー」。

その「メロディ」が、音と音がつながっているのが一番目立つ部分でしょう。このメロディは、音階になっている事もあれば、音程が離れて動く ...

ピアノ奏法,打鍵法

もしスタッカートがなかったら?

ピアノを弾く上で、実は重要なのだけど軽視されやすいものは、何だと思いますか?それは、「スタッカートの弾き方/奏法」への意識です。

スタッカートの記号が音符に付いているのを見ると、あなたはその音をどのように弾くでしょうか?短 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

船出

フランスを代表する作曲家の1人、クロード・アシル・ドビュッシー(1862-1918)。
印象派の作曲家と言われています(本人はそう言われることを嫌がっていたそうですが)。

ドビュッシーのピアノ曲には、「月の光」や「 ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第17番」テンペスト第1楽章から

作曲家三大Bと言えば、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Bach)にルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Beethoven)に、ヨハネス・ブラームス(Brahms)。

三大Bと言うだけあって、お三方とも偉大な作曲家です。

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ドビュッシー「ラモーを讃えて」

「ラモーへのオマージュ」。
「ラモーを讃えて」とか「ラモー礼讃」とか訳されることもあるこの曲は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーによる「映像第1集」の第2曲として作られました。

フランスの代表的なバロック音楽 ...

ピアノ奏法,打鍵法

アクセントの記号(>)を見ると、つい強気に出てしまいませんか?

アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょう。
「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのかなぁ?と考え始めたら弾け ...