ピアノ曲の仕上げ方

フランスの作曲家ドビュッシーと言えば、ピアノ弾きに人気が高い。
かくいう私も大好きな作曲家です。

ドビュッシーと言えば「月の光」や「2つのアラベスク」、「子供の領分」あたりが好んで弾かれる筆頭でしょうか。 ...

ピアノ奏法

ピアノを弾く時にあなたが考えるのはどんな事?あなたがピアノを弾く時に大事にしていることは何でしょうか?

そこにスタッカートが書かれているから「短く切って」弾く?
そこにフェルマータがあるから「長く伸ばす」?
ではどう ...

ピアノ奏法,打鍵法

ショパンと言えば、ピアノを愛する人達に圧倒的な人気のあるポーランドの作曲家。

1810年に生まれ、1849年に亡くなったフレデリック・フランソワ・ショパンは、「ピアノの詩人」と言われるにふさわしく、ピアノのための作品を多く ...

ピアノ奏法

ロシアの作曲家アレクサンダー・スクリャービン。

ラフマニノフと同じ時期に同じ音楽院で学んだスクリャービンの世界はちょっと独特です。

スクリャービンはね、ショパンに似てるわね。
でも、似てるけど違う。もっ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ作曲の「パルティータ」は、「6つのパルティータ」として鍵盤楽器(クラヴィーア)のために作られました。

6曲のパルティータは、どれも素晴らしい作品です。
この記事では「パルティータ第2番BWV826ハ短調」に焦 ...