正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 指遣い

ピアノで速い音符が弾きやすくなる方法!指遣いの考え方でもっとピアノは弾きやすくなる!

ピアノは本当に楽しいけれど、速い音符が続くと弾きにくかったり、両手がずれたりしませんか? どうして速い音符は弾きにくくなったりずれたりするんだろう?もしかして指遣いも関係するのかな?今日はそんな事を考えてみますよ。 スポ …

ピアノは指遣いを考えるだけでグンと弾きやすくなる!

ピアノを弾くのって、好きな曲と向き合っている時は楽しいですよね。でも、何だか弾きにくいパッセージやフレーズがあると、もやもやしてしまいます。ちょっとイラっとするかも?(笑) こんな単音フレーズから突然!和音に変わるなんて …

ピアノ練習が出来ない時こそイメージ・トレーニングで脳を活性化しよう!

ピアノ大好き!時間がある限りピアノに向かって練習したい!弾きまくりたい!だけどピアノに向かう時間がなかなか取れない!なんてこと、あるのではないでしょうか? ピアノに向かう時間が取れない時こそやると良い事があります。それが …

ピアノで音楽的になる指遣い・ポジションを考えよう

あなたは普段ピアノを弾く時、はじめての曲と向き合う時、指遣いや手のポジションをどうやって決めているでしょうか? 一見難しいという印象を受けないフレーズで、考えることなしにさらっと弾けそうな気がしても、実はちょっと考えた方 …

ピアノで歌うための奏法のコツと次への弾きやすさを見て指遣いを考えてみる

あなたはピアノで「歌うこと」と、どうやって弾くか?の「奏法」は別のものだと捉えているでしょうか?「 ピアノの奏法」は「技術」だとすれば(いや、技術ではあると思いますが)、それは「歌うこと」とは別かもしれません。 目の前の …

長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要

● 長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要   曲の中には、よく、音階フレーズや アルペジオのフレーズが登場します。 あ〜、この曲、音階が多くてね・・ アルペジオが多くてね・・・ 和音が続くの苦手でね・・・ よく …

三度和音のトリル、指遣いを考える

● 三度和音のトリル、指遣いを考える   こんな、三度音程の和音のトリル、 イヤですねぇ(笑)。 だってこれ、3小節続くのですよ。 これを見て、先へ進めるのをやめた、 という生徒さんの気持ち、 その時の表情が、 …

後に繋げやすい指遣いを考える

● 後に繋げやすい指遣いを考える   画像は、左手ヘ音記号で、ヘ長調。 「シ」に♭が付きます。 楽譜には、赤丸の最初の音に 「3」と、指番号が書かれています。 その「シ♭」を、「3」の指で弾けば、 そのあと「し …

指くぐりの指遣いと捉え方を考える

● 指くぐりの指遣いと捉え方を考える   画像の赤丸です。 「そしどれ」 「そ#」が「2」の指で、 次の「し」は「1」の指をくぐらせて上がって行く。 その次の「ど#」には、 「2」の指を持って行けば良いだろうか …

危険度の少ない指遣いを、考える

● 危険度の少ない指遣いを、考える   初めの和音「ドミソ」を、 「5 3 1」で取りました。 そうしたらMちゃん、 その後の、降りていく「そ ど」を、 「5 5」の指で、ぽんぽんっ と 弾んで降りて行きました …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.